2015.01.12

テレビをつけて!人気タレントに見る「好感度アップ方法」・4つ


テレビのバラエティ番組を見ていると、毎日たくさんのタレントさんが活躍しているよね。あなたもきっとお気に入りのタレントさんがいるんじゃないかな。

でも、どうしてそのタレントさんのことをあなたは好きになったんだろう。
そのタレントさんはあなた以外にも全国の大勢の視聴者から好かれている人気者だけど、どうしてそんなに人気があるんだろう。

実は、たくさんの人から好かれているのにはちゃんと理由があるんだ。
今日は、好感度の高いタレントさんから学んで、普段の生活の中で自分も周りから好かれちゃうためのお話だよ。

1.興味がなくても聞く

テレビに出るのはレギュラーメンバーのタレントさんだけではなく、そのとき1回限りのゲストの人がいることもあるよね。
歌手や俳優、ときには一般の人もスタジオに来てタレントさんと一緒におしゃべりすることだってある。

特に仲がいいわけでもないゲストの人が来たとして、そのとき、人気のあるタレントさんがどうしているのかよく観察してみよう。
よく見てみると、タレントさんは決して退屈そうな顔をしていないんだよ。

自分にとって興味のない人や話のときに、つまらないからといって聞いていなかったりそっぽを向いていたりすると、それをやっている人は周りからあまり気に入られなくなっちゃうんだ。

人気者になりたいときは、自分の興味のないことでも興味があるように見せておくといいよ。

2.「おー」と言う

事前に収録しておいたVTRをスタジオのタレントさんが見ているときって、ただ単に見ているだけではないって知ってるかな。

よく聞いているとわかるけど、人気のあるタレントさんは画面を見ながら「おー」とか「すごい」とか「なるほど」とかちょくちょく声を出しているんだよ。

こうすることによって、画面の向こうの人と画面のこちら側の自分が一緒にいるかのような雰囲気を醸しだすことができるんだ。このテクニックを日常生活に活用するとあなたも人気者になれるよ。

相手が話しているときとか、相手と一緒に別の何かを見たり聞いたりしているとき、ただじっと見ているだけではなく、わかりやすいリアクションを取ることが大事。「おー」とか何か楽しくなりそうな声を出してみてね。

3.表情を動かす

「ダメよ~、ダメダメ」は、わざと無表情のまま言うギャグだけど、こういうネタではなく普通のトークのときって、人気のあるタレントさんはものすごい表情豊かなんだ。

テレビ画面の隅のほうに表示されるワイプという小さな枠の中でさえハッキリわかるほど、表情を思いっきり変化させているよ。

驚いたときは目を大きく見開いて思いっきり口を開けたり、悲しいときは鼻水をたらしながら顔をぐしゃぐしゃにして泣いたり。

こういった大げさな感情表現には、見ている相手にも同じ心の動きを誘導するという効果があるんだ。

たとえばあなたが表情を思いっきり動かして大笑いしていたりすると、それを見た周りの人も同じように楽しい気持ちになってきて、あなたに好感を持つようになるよ。

4.謙遜する

人気のあるタレントさんは決して大っぴらには自慢をしないよ。
自慢しているように見えるときは、自慢するキャラを演じているときとか、自慢をするコーナーのときとか、あるいは謙遜を交えながらしているだけ。

周りから好かれるのは、基本的には謙遜する人なんだ。たとえば司会者から美人ですねと言われても「いえいえ」と言ったり、稼いでますねと言われても「ぜんぜん」と言ったりするよ。そうすると視聴者から嫌われないですむんだね。

自分の優れた部分をほめられたときは、逆に自分の劣っている部分を話すというのも有効な謙遜。たとえば美人でも部屋が汚いとかがあれば、むしろ好感を持たれたりするからね。

羽林由鶴さんからのメッセージ

周りの人から好かれちゃう方法はわかったかな。

でも一つ注意しておいてほしいのは、これは恋人として好かれるのとは別の好かれ方だってこと。テレビに出ているタレントさんのように、あくまでも不特定多数の人から広く浅く人気を集める方法なんだ。

ここから一歩踏み込んで恋人同士の関係になるためには、また別のやりかたが必要。彼氏はいらないけどみんなからチヤホヤされたいっていうコは今日教えた方法だけでだいじょうぶだよ。

あなたの希望に応じて、あるいはシチュエーションに応じて適宜使い分けてみてね。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事