2015.04.05

彼女放置の常習犯!趣味没頭系彼氏の対処法・4選


最近ではファッションオタクというジャンルも加わり、経済学者が「結婚相手にはヤンキーかオタクが良い」と提唱したりと、オタクのイメージも良くなりましたね。

ですが、実際付き合って見たらやっぱり中身はオタク。
彼女との時間を確保する他に、大事な趣味の時間も譲れません。結果、彼の趣味で二人の時間が作れなかった…なんてことも。

彼にとっては大事な時間と理解はしていても、出来ることなら趣味よりも優先して欲しいですよね。
今回は、趣味に没頭して構ってくれない彼氏への対処法をまとめてみました!

1.まずは本音をぶつけみる

「ゲーム友達との予定が多くて、何時に狩に行くとか作戦とかで連絡もよく取っていて・・・。
私との時間をもっと作って欲しくてちゃんと自分の気持を彼に伝えてみたら「言われないからなんとも思っていないと思っていた」って謝ってくれました!
今では私との時間もしっかり作ってくれるし、ゲームも楽しくやっているようです」(23歳/学生)

寂しい気持ち、構って欲しい気持ちをしっかり伝えることがまずは大事ですね。

没頭しすぎてそもそも彼女の気持ちを理解できていない場合が多いので、彼女の言葉を聞いて初めて気付くケースが多いです。
彼氏も彼女の本音を聞けば少しは配慮してくれるかも!

2.気にしていないように振舞って見る

「あまり口出しされたくないようなことを付き合う前に言っていたから、体調に関してだけしか干渉していなかった。
彼はそんな私の事を「理解ある彼女」って解釈してくれたのか交際当初よりも愛されている気がする!」(27歳/飲食)

「いつかは飽きが来るものだから、相手にされていない時期があっても気にしていなかったよ(笑)
ゲームで全国一位を目指している彼を支援こそはしないけれど、応援は一応していた」(22歳/学生)

ダメと言われればやりたくなるのが人の性ですよね。ゲームやスポーツなど、熱中・没頭するのはある程度の時期に限られていたり、波がありますよね。

それを踏まえてあえて放置することで、熱が冷めやすくなる傾向にあります。

3.距離を置いてみる

「彼が趣味に熱中していることを良いことに、私も自分の趣味に没頭していたよ。
彼にも趣味にも同時にお金かけられないから、丁度よかったかも(笑)」(21歳/学生)

「どんなに言っても放置されたから諦めて、私も彼の事を放置したの。
そしたら彼氏が逆に「構ってー」って帰ってきてくれた!」(22歳/学生)

自分の人生何も彼氏が全てではないです。彼氏がちょっと構ってくれないなんて大した問題じゃありません。愛されなくなったとしたら大問題ですが・・・。

新たな交流を持つのもよし、旅に出るのもよし、少し距離を置いてみることで寂しさも紛れて、自分の視野も広がって良いのでは?

4.見切りをつける

「付き合ったらやめてくれると思っていたけれど、パチンコで金欠とかいわれてもう無理だと判断した」(26歳/美容)

ギャンブルなど、どうしても抜け出せない趣味に走っている彼には早々見切りをつけることも必要です。

やめてくれるかもしれないとズルズル付き合っていても、関係は悪化するだけですよ。どんなに好きでも現実を受け止めて、早々に撤退するのがベストです!

おわりに

交際当初は趣味>彼女の彼でも時間と共に愛を深めていけば逆転も大いに可能です!
根気よく付き合うことと、彼の趣味を受け入れてあげる事が大事ですよ!

(佐久間 優/ハウコレ)
(楠 ろあ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事