2015.05.21

飲み友を好きになってしまったとき、「女性」として意識してもらう方法5つ

しょっちゅう遅くまで一緒に飲んでいるのに、何も起きない。
そんな安全な男友達を、何かのきっかけで好きになってしまった時、あなたならどうしますか?

断られて貴重な飲み友達を失うのも怖いし、グループで仲良くしていたりすると、関係性が壊れるのが怖くてアプローチしにくかったりしますよね。

今回は様々な男女を見てきた元女探偵である筆者が、ただの飲み友達改め、「女性」として意識してもらうための掟を解説します。

1.しばらく会うのをやめてみる

会いすぎなくらいしょっちゅう会っていたのであれば、パッタリ急に連絡しない期間、会わない期間を取ってみるのも手です。

「もしかして彼氏ができたのかな」と思って、急にあなたのことを意識するかもしれません。

2.他の男性の存在をにおわせる

架空の男性でもいいので、口説かれて迷っているという相談をしてみるのも手です。

その際になぜ迷ってるのか聞かれたら『だって、○○君といる方が楽しいんだよね。』とサラッと言って反応を見てみるのも良いでしょう。
少しでもドギマギする様子があれば、付き合える見込みは高いでしょう。

3.週末必ず一緒に過ごすようにする

休みの日は必ず一緒にいる。そんな風に付き合っている男女と同じような状態になり、彼の中であなたと過ごすのが当たり前になってしまえば、あなたと会わないことの方が不自然になっていきます。

他の女性の気配もないようであれば、『私たちって付き合ってるみたいだね。』と言ってみましょう。

4.旅行に誘ってみる

なんとなくいい感じだけど、彼から告白してくれない。でもどうしても自分からは告白はしたくない…。そんな時は2人きりの旅行を提案してみましょう。

お酒が大好きな2人なら、お酒をテーマにした旅行は自然なハズ。お泊まりで出かけるという時点で、男性なら『もしかしたら何かあるかも』と考えるものです。
仮に部屋は別々で取ったとしても、ドキドキしないわけがありません。

もし休みが合わなかったりして1泊が難しければ、日帰りでワイナリーや酒蔵に行ってみるのも良いですね。
ドライブに誘って、美味しそうなお弁当を作っていくなど家庭的な面を見せるのも効果的です。
いつも飲み屋で会っているのとは違う顔をみせることで、意識を変えさせましょう。

5.友達にプッシュしてもらう

どうしても2人だけでは進展がなければ友達に協力してもらいましょう。
『2人すごくお似合いだね!付き合っちゃえば!』と言われて彼もマンザラではなさそうだったらその勢いで『え、本当?!付き合っちゃおうか(笑)』と冗談で既成事実を作ってしまうのも手ですね。

おわりに

いかがでしたか。
飲み友達になる時点で、彼もあなたの人柄や性格などに触れ、「一緒にいて楽しい」と思っていることは確か。

ポイントは、『楽しい』だけではなく、『ドキッとする』部分を増やしていくことです。
男性は鈍いので、あなたから何らかのサインを出して意識させてしまいましょう!

(上岡史奈/ハウコレ)

関連記事