2015.07.28

見守ってはいるけれど…。彼氏が彼女に「してほしくない」と思っていること・4つ

彼との付き合いが長くなればなるほど、いろいろなことに注意が向かなくなってしまうことってありますよね。

何気なく行っている行為に、知らぬ間に彼がフラストレーションを溜めているかもしれません。些細なこじれがきっかけで別れ話に発展してしまうことも…?

今回は、男性が彼女にできるだけ避けてほしいと思っている行動をピックアップしたいと思います。

1.むやみやたらにSNSで近況を報告

「付き合いたてならともかく、慣れてきてもまだデートの度にツーショットを載せてたりするのはあんまり好きじゃないですね」(23歳/編集)

「好きだってことは伝わってくるけど、プライバシーと公共性の問題を考えてほしい…リスクもある程度あるし」(21歳/大学生)

彼氏とのラブラブな写真をSNSにアップしている方、その頻度は大丈夫ですか?

記念日や誕生日に日ごろの感謝の気持ちと一緒に載せるのはセーフですが、あまりにも頻繁に彼氏とのことを不特定多数の人に暴露するのは、あまりよくない行為です。
彼と話し合って、線引きをしっかりしてくださいね。

2.男子もいるグループで夜のイベントに行く

「彼女の友達も大事にしたいって思うけど、クラブイベントとか、夜遅い音楽フェスとかは、男友達と行って欲しくないな…もしものことも考えちゃうし…」(25歳/運輸)

「男女比がトントンならともかく、男子の数が多いのに飲み会とかクラブは、出来るだけやめてほしい。結構モヤモヤしちゃうので(笑)」(20歳/学生)

女性のみなさん、「小さい嫉妬だな」なんて思ってはいけません(笑)
それだけ、心配してくれているということですね。

会う時間を昼間にしたり、飲み会にしても始まりの時間を早くするなどの工夫をするようにしましょう。

3.合コンのセッティングを頻繁にする

「彼女が行かないにしたって、なんか男友達が多いのがちらついて、あんまり良い気はしないですね」(26歳/飲料メーカー)

「幹事っていうポジションで合コンに行くのは、お互いの人付き合いもあるから仕方ないのかもしれないけれど、まぁ…控えては欲しい(笑)」(24歳/会社員)

年齢が上がれば上がるほど、合コンに行く機会も、セッティングする機会も多くなるのではないでしょうか。
あなたが「彼氏持ち」という体でいったとしても、彼は複雑な気持ちで見守っているようです。

もちろん、あなたの交友関係も大切にしてしかるべきですが、断れそうな合コンやセッティングはきっぱり断るようにしましょう。

4. 過去のことを話さない

「大学時代のこと、高校のこと。聞いても聞いても、はぐらかして全然答えてくれないんだよね…なんか疾しいことでもあったの?って疑いたくなっちゃいます」(28歳/教師)

「割と付き合いが長くなって、元カレとはどうやって別れたの?みたいなことをノリで聞いたら、彼女が固まって、何かを察して俺も固まりました」(23歳/学生)

今が楽しいから、過去のことはとりあえず放っておく。このような考え方も潔くて、個人的には好きですが、カップルとなったらまた話は別です。

好きな人の知らない過去を知りたいと思うのは、とても自然なことですよね。聞かれたら、素直に伝えるようにすると、彼に無意味な心配をかけずに済みますよ。

おわりに

あなたの何気ない行動が、彼を不安にさせているかもしれません。口では注意されていなくても、定期的に振り返ってみることが大切ですね。

(神野悠/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事