2015.10.21

都合の良い女を脱却!セフレから本命彼女になるためにするべきこと・4選

セフレから本命になりたいと悩んでいる人はいませんか。
一般的には「体の関係から付き合うことは難しい」とされていますが、やっぱり諦められない。そんな時にはまず「都合の良い女」から脱却する必要があります。

そこで今回はアンケートを取り、「セフレから本命女子になるためにするべきこと」についてまとめてみました。

1.彼の言いなりばかりにならない

「どんなに彼が好きだったとしても彼の言いなりばかりになっていてはだめ。
例えば三回に一回は誘いを断るとか。彼にもっと自分を必要としてもらえるように、計算した方が良いと思う。」(22歳/大学生)

彼の言いなりばかりになっているといつまでもセフレから脱出することは難しいでしょう。
どんなに彼と一緒にいたくても、『私は本命になりたい』という自分の意思をしっかりと持つことが大切です。

2.自分の時間も大切にする

「やっぱり彼優先では本命彼女にはなれない。そういう人って周りの意見を全く聞かずに突っ走っているよね。
そうすると周りもどんどん離れていくし、彼にも良いようにされてしまう。自分の時間も充実させてこそ、彼にセフレから本命女子として見てもらえるようになると思う。」(27歳/フリーライター)

本命の彼とセフレになってしまう女性の傾向として、好きな人が出来ると彼一直線になってしまうことが挙げられます。

友人との約束の方が先だったのに、彼に誘われたからと言って友人にドタキャンをしてしまっていたりはしませんか?

女友達と遊んだり、一人の時間も大切にしていけば自然と周りを見る余裕も生まれてくるはずです。

3.嫌われることにビクビクしない

「私の友達が好きな人のセフレになっていた時期があったんだけど、いつも嫌われることにビクビクしていた。
友人として見ていて胸が痛んだし、そんなんじゃ彼も友人につけこんでくるだろうなと思った。」(24歳/一般事務)

やはりセフレとなると、彼と対等な立場になれず、『いつ私は捨てられるんだろう…』とビクビクしてしまう女性が多いようです。

しかし、それでは彼に魅力的とは思ってもらえないですよね。例えセフレだったとしても、自分らしく堂々としていれば良いと思います。

4.二人きりにならない

「セフレ関係なのに二人きりにならないってあれだけど…。どうしても彼と付き合いたいのなら二人きりになる時間を控えるべきだと思う。
私も今の彼氏と一度別れてセフレになってしまったけれど、これじゃだめだと思って友人を介して会うようにした。そうしたら彼の方からもう一度ヨリを戻したいと言われましたよ。」(24歳/金融)

個室で二人きりになってしまうと、自然とセックスの流れになってしまうもの。

彼と一緒にいたいという気持ちも分かりますが、本命になりたければぐっとこらえる勇気も大切になってきます。

おわりに

いかがでしたか?もし今好きな人のセフレ相手となり、悩んでいる人は是非これらを参考にして頂ければなと思います。
「都合の良い女」から脱却し、本命彼女の座を手に入れましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事