2012.04.06

イイ女は「媚びない男」を選ぶ?!今日から見直せる「男選びの基準」



「今の彼ね、すっごく優しいの。落ち込んでたらすぐに会いに来てくれるし…
毎晩欠かさず電話もしてくれるんだぁ。“愛されてる”って感じがして、幸せ!」

尽くしてくれる男性・レディファーストを大切にする男性は、優しく安心感がありますが、本当に“優しくしてくれるだけ”の彼氏があなたのためになるのでしょうか。

イイ女になりたいなら付き合うべきは、「媚びない男」なのかもしれません。
彼らの魅力に迫ってみました!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

彼にも恋愛にもわがままになっている女性は、自分磨きを兼ねて「媚びない男」と付き合ってみるのもアリかも?

愛想のなさが安心感を与える

媚びない男の第一印象は、大抵あまりいいものではありません。

「なによ、ツンとして冷たい人」
きっとあなたは、こんな風に思うことでしょう。

しかし長く付き合う上では、どんな女性にも調子よく笑顔を振りまく男性よりも、誠実で少し不器用な位が女遊びの心配もなくちょうどいいのかも?

希少価値の高い優しさ

むやみにレディファーストをしない彼。
最初は少し冷たいなぁ・・なんて思うこともあるかもしれません。
 
しかし彼はムリのない恋愛をしているため、常に心に余裕があり相手をしっかりみつめることができます。あなたが危険な目にあいそうなときやいざというときにはしっかり手を差し伸べてくれることでしょう。

たまにみせる彼の優しさが女をキュンとさせる一つの要素なのです。

女性を飽きさせない

振り向いてくれないと追いかけたくなる・・これが人間の真理。

女性を飽きさせないように程よい距離感を保ちながら、
基本的には女性に追わせ、たまに持ち前の包容力で女性を優しく包み込みます。

一方的に尽くされているといずれは飽きてしまう優しさも、
彼らは上手に出し惜しみをするため、関係が長続きするのです。

頼もしさがある

ご飯をごちそうしてくれる、会いたい時に会いに来てくれるなど、女性のご機嫌をうかがいながら、常に女性にあわせようとする男性がいますが、結局そういった人は女性から尊敬されません。

何でも自分の思い通りに動いてくれて、下手に出てくれる都合のいい相手止まりとなることでしょう。

一方で媚びない男は、女性のわがままに振り回されません。

聞けるものはある程度は聞くこともありますが、自分のキャパシティを超えないようにきちんと判断し、聞けないものに関しては相手の女性にはっきりと伝えます。

女性はこの凛とした態度に頼もしさを覚えます。

自分に自信をもっている

なぜ彼らが人に媚びる態度をとらないのか?
その理由は、他人の評価に重点をおいていないから。

彼らもコンプレックスは人並みにあるかもしれませんが、胸を張って自分を好きだといえる部分をもっており、その自信が内面からあふれる魅力となっています。

外見はいくらでも着飾ることはできますが、内面からあふれる魅力とは自分に対する自信をもっているからこそうまれてくるものであり、自信のない男には出せない魅力の1つです。

女性を育て、自由にする

女性に媚びない男は、しばし「男尊女卑」と誤解されることもありますが、決してそんなことはありません。

彼らは交際をする上で依存を嫌い、対等な関係を望んでいるのです。
そのため、自分が一方的に尽くすこともなければ、相手に多くのことを求めることもありません。

彼らの姿勢は、女性に自由を与え、自立した女性を育てることでしょう。

関連記事