2014.11.15

「昔からの男友達」と付き合うのはラク!?その4つの理由


「好きな人と付き合えることになったけれど、彼が考えていることがわからない。」「彼の前でつい気を使ってしまう。」「付き合う前は優しかったのに付き合うことになったら急に冷たくなった気がする」と言った悩みを抱えたことはありませんか?

そんな悩みを抱えないためには、「昔からよく知っている人」と付き合うと良いかもしれません。
今日は、女性に「昔からの男友達と付き合って良かったこと」についてインタビューしてきました。

1.お互いによく理解し合える

「今の彼は高校の頃からの知り合いでずっと友達として一緒に遊んでいた友達だったんです。実際付き合ってみても相手の考えていることがよくわかるので、付き合っていてラクで楽しいです。
『これを言ったら彼はどう思うんだろう?』など、余計な遠慮もいらないので、自分らしく振る舞うことができるのもイイですよ。」(25歳/経理)

長年友達として付き合って来た相手であれば、あなたへの理解度も深く、多少のことで別れるようなことはないそうです。

例えケンカになったとしても、友達の時の付き合いを思い出せば、ケンカの原因も明白、仲直りする方法もお互いにわかるので、ケンカが悪化したり長引いたりするようなことはないようです。

2.自分の気持ちをじっくり確かめることができる

「出会ってすぐに好きになる相手もいますが、その場合、より相手のことを知ると、想像と違ったなんてこともあります。
元々友達の男性であれば、一緒にいろんな時間を過ごす中で、『この人のこういうところ好きだな』と思ったり『ここはちょっとなぁ…』と思うような嫌な面まで見えて来ます。そんな色々な面を見て、自分の気持ちを確かめることができるのでイイです。」(27歳/PR)

ゆっくりと時間をかけて「この人と付き合ったらどんな感じなんだろう?」と考えてみると、考えているうちに気持ちがさらに彼に傾くこともあれば、逆に「絶対ない!」と思うこともあります。

好きと言う気持ちを抱えながらも、彼のことをさらによく知ることができるのは、友達という関係があってこそ。

3.彼の「彼女への接し方」がわかる

「友達だった男性に惹かれた理由は、彼の人に対する考え方がステキだなと思ったからです。友達として付き合っている間に、彼に彼女ができた時があったり、彼の家族の話を聞いたりと、人づきあいのいろんな面を見て来ました。
その中で、この人と付き合ったら幸せになれそうと思ったのがきっかけです。」(25歳/事務)

友達歴が長ければ、彼が彼女に対してどんな扱いをしてきたのか、または彼女についてどんな風に接しているのかなど、大切な人への接し方や考え方を知ることができます。
例えば彼が釣った魚にエサをあげないタイプの男性であれば、付き合うことになっても淋しい想いをするかもしれません。

逆に自由度は高そうなので、そういった関係が理想の方には適していると考えることができ、自分に合うかを判断できます。

4.彼のあなたへの気持ちがわかる

「ずっと友達だった男性のことが気になり始めた時、彼のことをよく見ていたんです。そうしたら、彼も私のことを好きでいてくれるのかなと思うことが何度かあったんです。一緒にいる時間が長かったからこそ気づけたと思います。

もし、彼が私に興味がないようだったら、告白せずにそのまま友達を続けたと思います。そういう意味でも、男友達から恋愛に発展させるのは、失敗しにくいと思います。」(24歳/ダンサー)

一緒にいる時や、多くの友達といる時に、彼があなたを優先してくれたり気にかけてくれたりする場合には、彼にとってもあなたは気になる女性なのかも。

逆に、大勢の友達といても、あまり二人で話をしてくれない場合などは、可能性は低いと言ったことを見極めることができます。

おわりに

男友達と付き合えば、新しく知り合った男性と比べると付き合いはラクになるようです。
ですが、仲の良い友達だった相手が彼になってしまうということは、貴重な男友達が減ってしまうということでもあるので、決断はは慎重に!

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事