2015.02.16

面倒くさすぎ!ネチネチうじうじ「ウザ男」の上手な対処ポイント・4つ


口を開けばうじうじと言い訳、愚痴のオンパレードの面倒くさいウザ男っていますよね。
「ウザいから話しかけないでよ!」と言えたら楽ですが、そうもいかない関係だったりすると、本当に気が滅入るもの。

ここはむしろ、そんなウザ男の心理を知っていれば、イラッとくることを言われても無難にかわすことができるかもしれません。
というわけで、今回は思わず「ウザいなぁ…」と思う男性の心理を理解していきましょう!

1.言い訳

「小さなミスをするたびに必ず言い訳をしてくる部下がいます。
はた目には自分の責任から逃れようと必死なのですが、それだとかえって自身の評価が下がることを分かっていないんです。
周りを見る余裕がなく、保身だけで頭がいっぱいなんでしょう」(30代/IT)

言い訳ばかりしてる人っていますよね。待ち合わせにちょっと遅れても、ウンザリするくらい必死で理由を言われたり…

そういう人は、自分が責められる不安に耐えられないみたいですね。
しかも、そうやって自分のことばかり見ているから周りにも目が行き届かなくて、ついついウザくなりがちとのこと。

追及すると延々と言い訳を聞かなきゃならないので、言い訳がはじまったらすぐに「そっか、大変だったね(苦笑)」と理解を示してあげて、早々に切り上げましょう!

2.悪口

「前に合コンで一緒に行った男でヒドイのがいましたよ。自分の身内の男の悪口を散々言いつづけてたんですよ。挙句にトイレに立った俺の連れのことまで悪く言う始末で…
『けど俺はそんなヤツじゃないぜ』って言い草だったから、周りを下げて自分の評価を上げようと必死だったんだろうけど、女の子は完全に引いてましたよ」(10代/大学生)

自分に自信がないから周りの評価を下げて自分の立ち位置を上げようとする、ということみたいですが、そんなことをしちゃう時点でキツイですよね。

こういう男性を相手にした場合は、男性自身のステキな部分を頑張って探して褒めてあげましょう。
「あなたはちゃんと優れてるところありますよ~」とそれとなく伝えてあげれば、自分に自信をもてて悪口の数が少なくなるはずです!

ただし、そこで調子に乗り始めたらもう無視しちゃいましょう。

3.質問攻め

「同僚で気の滅入るヤツがいますよ。仕事を頼まれても、異常にこと細かに聞いてくるんです。
自分で少し考えたら分かることなのに、なんでも言われたことしかしようとしないんですよ。失敗することがイヤだから、自分で考えて行動することを避けているんでしょう。
それって失敗するよりも明らかに悪いことだと思いますけどね」(20代/事務)

自分で考えて行動すると失敗も自分の責任になるから、とにかく小さなことまで聞かなければ心配しちゃうみたいです。

こういう男性を相手にした場合は、「それで大丈夫ですよ」と、男性の行動に安心感を与えてあげると、とちあえず質問攻めは避けられそうです。

4.やたらと自慢する

「やたらと自慢しまくってくるヤツは自信家に見えるかもしれませんけど、その逆ですよ。
自分に自信がないからこそ、自慢することで周りに認めて欲しいんじゃないですか?」(20代/広告)

これは少し意外じゃないですか? 自慢しまくる人って自信満々なのかと思いましたし。

けど、考えてみると自信がある人って、口で言うよりも雰囲気で自信オーラを醸し出してますよね。

自慢ばかりしてくる人は、ある程度共感してあげるのがよさそうです。
あまり共感しすぎると自慢が止まらない危険性もあるので、適当に褒めてさっさと会話の切れ目を見つけてその場を後にしましょう。

おわりに

メンドウな男性の特徴として挙がる要素には、自信のなさという共通点が隠れていることもあるみたいですね。

単にうっとうしいなぁと思うより、なぜそんなにウザいのか分かっていた方が波風立てずに受け流せるはずです。

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事