2015.06.07

「なんて答えりゃいいのよ…」返答に困る、彼女からの質問・4選

大好きだからこそ、彼の気持ちを知りたくなりますよね。ちょっと回りくどい質問をしてみたり、試してみたり、そんな経験のある女子も多いはず。
しかし、何気なく投げかけた質問が、彼をとても困らせてしまうことがあるのです。

そこで今回は、彼女に言われたら彼が返事に困ってしまう質問を紹介しましょう。

1.どっちが似合う?

「彼女の服を買いに行ったとき、『どっちが似合うか』って聞かれたから正直に答えたら彼女が急に不機嫌になって、こっちはパニックでした。それ以来かなりトラウマです」(10代/大学生)

女性的には「私の気に入ってる方を言ってほしい!私のこと分かっててほしい!」という気持ちの裏返し。けれど、そこまで気を配れる男性はなかなかいないようです。

もしこの質問をするのであれば、彼の正直な意見を聞いて不機嫌になるのではなく「ありがとう!」と感謝してあげれば、「彼女のためになれた」と感じて喜ぶみたいですよ。

2.私のこと好き?

「好きだから一緒にいるのに…疑われてるんですか?なんか気に障るようなことしちゃったかな…」(20代/SE)

このように感じる男性が多いので、好きかどうかを確認するような質問は控えましょう。

この質問をすると、彼の想像力が膨らんで「俺、彼女になにか嫌われるようなことしたかな…もしかして冷められてる!?」とどんどん不安になって、ぎくしゃくした関係になる恐れありです!

3.仕事と私どっちが大事?

「このセリフ、本気で言われたときは焦りましたよ。どっちが大事だって言ってもキレられたし、じゃあなんて返事すりゃいいんだよっていう…」(20代/編集)

仕事が忙しくてなかなか会えないと、寂しいですよね…

しかし、これはキングオブNGワード! 
男性にとって仕事は切っても切り離せないもの。仕事の忙しさで疲れているときに彼にこの質問をすれば、さらにストレスを与えてしまいます。

仕事で忙しくしているときこそ、彼をそっと支えてあげられれば、かけがえのない存在となれますよ。

4.私とずっと一緒にいたい?

「ハッキリ言って、まだ分からないですよ…けど、『うん』って返事するしかないじゃないですか。『いやだ』なんて言えるわけないですし…」(20代/営業)

これは彼にとって、とてつもなく重いセリフとなります…
結婚の意思を固めている男性ならともかく、まだ将来についてハッキリと考えてない男性にとっては、思ってない意見を強要されてるようなもの。

そのため、ストレスと一気に責任感で押しつぶされそうになるようです。

おわりに

気になるとはいえ、試すような質問は避けた方がいいでしょう。
彼のことが大好きだから聞くのではなく、大好きだからこそ、これらの質問は控えてあげてくださいね。

(大西 薫/ハウコレ)
(大倉 士門/モデル)

関連記事