2015.06.22

クラクラするっ!男性を虜にする「女のいいニオイ」を出すコツ・5選

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
男性が街中で女の人とすれ違った時に振り向く条件として「顔が良い、スタイルが良い、そしていいニオイがする」の3つが挙げられるそう。
実際にこれを聞いた私は「結局、顔とスタイルかい!」と突っ込んでしまいました。

しかし、冷静に考えて3つ目の「いいニオイ」なら私でも出来るのでは・・・と思い、独自で研究を積み重ねてきました。
その結果、前よりも男の人に声をかけられる確率が高くなったような気がします(笑)

そこで今回は、そんなモテへの第一歩として男性を虜にする「女のいいニオイ」を出すコツ4選をご紹介したいと思います。

1.シャンプーは出来るだけ同じのを使い続ける

「シャンプーを変える頻度が高かったんだけど、お気に入りのものを見つけてそれを使い続けていたら彼氏に『いいニオイするな!』って言われたよ!」(21歳/大学生)

シャンプーは匂いの種類が幅広くあります。安定せずに色んなシャンプーの匂いを使っていたら、当然、髪からあまりいいニオイはしません。

同じシャンプーを使い続けると、自然と自分の髪にシャンプーの匂いがついて「いいニオイ」を出すことが出来ちゃいます。
自分で「これだ!」と思うシャンプーの匂いを見つけたら、それを使い続ける努力をしてみると良いですね。

2.洗濯やアイロンがけのときにリネンウォーターを使う

「何か今、リネンウォーターを使って洗濯やアイロンをしている人が多いらしい。やってみたら服から良い匂いがして気分が上がった。」(24歳/看護師)

私もこれを耳にして、アイロンの水を入れるところにリネンウォーターを入れてやってみたのですが、これは本当に効果あり!なかなかいい匂いがしますよ。

他にも洗濯のすすぎの水にリネンウォーターを使うと服に匂いがつき、「香水がなくても大丈夫!」という状態にまでなるそう。

これをやる習慣をつけるだけでも、一気に女子力があがった気分になりそうですね!

3.香りの強い香水は下半身につける

「香りが少し強い香水を買う時、店員さんに『足首につけると程よい匂いになる』って言われたからやってみたんだけど、本当に程よい匂いになった。」(26歳/OL)

香りがキツイ香水って1度は使ってみたけど、それ以降は使ってない・・・なんてことありますよね。

しかし、香りのキツさを利用して上半身ではなく下半身に香水を持っていくと、調節されていいニオイがします。
スカート+下半身に香水なんてした日には、もうモテへの道一直線になること間違いナシです。

4..寝る前に香水をひと吹きする習慣をつける

「私は手軽にできるアロマみたいな感覚で寝る前に香水をつけていたんだけど、香水が馴染んで今ではそれがほぼ体臭みたいになっているよ・・・」(20歳/大学生)

これはなかなか賢いなと思います。
香水をつけるポイントは「ワキ」と「太もも」だそう。
この2ヶ所にはリンパが通っていますが、リンパが集まっているところは自然と体臭がきつく出てしまうのです。

そこに香水をつけて寝ることで、体臭と香水が馴染んでいいニオイを出してくれるのだとか。
リラックスして寝ることもできて、いいニオイも出せるなんて一石二鳥ですね!

5.デートの前には髪にボディミルクをつける

「デートの前にお気に入りのボディミルクを髪になじませます。そうすると、ほのかに香るし、いつもつけてたら相手に『私の匂い』って意識してもらえるので。」(25歳/大学院生)

あえてボディミルクを髪につけるという方法も!

「女のいい匂い」って難しいけれど、ボディミルクを髪につけるだけだったら楽チンですよね。
それに、香水みたくあまり強く香り過ぎないのも良いかも。

ふわっと残り香だけを相手に意識させるのって、何とも色っぽいですね。

おわりに

いいニオイを出すコツはこんなにもありました。

ただデート前に首筋や耳の裏に香水をつけるのではなく、私生活からいいニオイを意識してみると良いですね。
あなたも今日から実践して、いいニオイのするモテ女を目指してみては?

(矢沢ゆう/ハウコレ)
(山田 彩乃/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事