2015.06.30

俺様彼氏を手なずけて愛され続ける秘訣とは?

彼女がいても自分が一番大切で、自分勝手に振る舞う「俺様彼氏」。
「優しい人が好き」という人にとっては「なんでそんな男と付き合うの?」と理解不能でしょうが、世の中にはその勝手さや傲慢さがいいという女子もいるんです。

でも、勝手気ままな俺様彼氏に長く愛され続けるのは至難のワザ。
そこで、実際に俺様彼氏を上手に手なずけた女性たちの話をもとに、俺様彼氏に愛され続ける方法をご紹介します。

1.三歩下がってついていく

「友達に『昭和の女』ってよく言われる(笑)男ってやっぱり威張りたいと思うものみたい。
ちょっとムカつくけどそれで機嫌がいいならまあいいかなって」(25歳/金融)

自分が一番という俺様彼氏には、基本的に三歩下がってついていく姿勢でなければなりません。

時代錯誤かもしれませんが、俺様彼氏を手なずけるにはすこし「威張らせてあげる」のが正解。
後ろから見張っておくくらいのつもりでいるといいかもしれません。

2.弱っているときこそ世話を焼く

「いつもは偉そうなのに、ちょっと仕事でミスするとかなり落ち込む。
そういうとき励ましてあげると、ものすごく感謝されるし、なんだかんだ頼りにしてくれてるんだなって思ってうれしい」(27歳/事務)

一般的な男性は、弱っている姿を彼女に見せることには抵抗があるもの。

でも、いつも尊大な態度をとっている「俺様彼氏」は逆境に弱く、打たれ弱いもの。
弱っているときは絶対的な味方でいてあげると、彼は安心して「俺にはこいつしかいない」と思ってくれます。

3.たまにはしかってあげる

「遅刻とか、ドタキャンとか、日常のささいなことは目をつぶるけど、たとえばポイ捨てみたいに常識からはずれるようなことしたらキレるよ。
なんか彼女っていうよりお母さんかも(笑)」(24際/広告)

「俺様彼氏」は周りの人にしかられた経験がほとんどありません。
なぜなら、小さいころ、甘やかされて育ったからこそわがままな性格になった可能性が高いし、大人になってからは、横柄な態度に周りが敬遠してしまうから。

しかられ慣れていなくて、さらに打たれ弱い「俺様彼氏」は、彼女にちまちま細かく怒られるとどんどん気持ちが離れていってしまいます。

でも、いつも優しい彼女に、「ここぞ」というときに本気でしかられると、びっくりすると同時に、うれしい感情を覚えるはず。

「こんなに真剣に向き合ってくれた人は初めてだ」と感じてくれるので、半年に1回くらいは本気で怒ってみるようにしましょう。

4.自分は聖母だと思う

「生理前とか、仕事でイヤなことがあったときとか、もともとイライラしてる日はいつも許せることでも爆発しそうになる。
そういうときは『私はすべてを許せるマリア様みたいな女だ』って自分に言い聞かせる」(25歳/商社)

どんなに好きな相手でも、ずっとわがままな態度をとられていれば、ついついイライラしてしまうもの。

でもここで爆発してしまうとこれまでの努力が水の泡。
もちろん、前述のように「ここぞ」というタイミングならいいですが、それ以外のときはグッとこらえるのが正解。自分は聖母だと思って彼のすべてを愛せるようになりましょう。

おわりに

「俺様彼氏」がわがままで横暴なのは、彼らが幼稚でお子様だから。

もちろん、そんな男には見切りをつけるという選択もありですが「それでも好き!」なら、しっかり手なずけて、愛され続けられるように仕向けましょう。

(ハウコレ)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事