2015.07.03

結婚は人生の墓場!?既婚女性が語る「結婚なんてしなきゃよかった」と思う瞬間・5つ

タイトルの言葉はとても有名ですよね。とくにこれは、男子について言うことが多いもののようですけど、当然女子にも当てはまるところがあるはずです。

結婚って、自分が大好きな人と一生一緒にいられるようになるわけですから、基本的にはいいイメージしかわきません。

それなのに、いったい、どういうときに「墓場」なんて思うんでしょうね?
そこで今回は、2〜30代の既婚女性20人に集まってもらい「結婚なんてしなきゃよかった……」感じる瞬間について聞いてみました。

1.朝帰りできない

「かなり不自由でいやだなって思ったのが、朝帰りができなくなったことですね。独身時代は週末にはたまにしてたけど、やっぱりストレス発散には必要。
今の旦那さんは、そういうのは浮気のもとになると思ってるみたいで、完全にNGですね……」(営業/27才)

これを挙げてくれた人はけっこう多かったです。たしかに朝帰りって、カレがこれをしたら心配になっちゃうものでもありますよね。

「女が朝帰りとはどういうことだ!」みたいに言われちゃうみたいですよ……。

2.飲み会すら自由に行けない

「会社の飲み会なのに、『あ? また飲み会? もうちょっと減らしてよ』みたいに言われるたびにすごく嫌になる。
必要な飲み会だってたくさんあるし、友達ともたまには飲みたくなるって自分もわかってるはずなのにね」(不動産/26才)

束縛をしてしまう男子の場合だと、こういうことにもなりがちだそう。ここまで私生活が縛られると、ちょっとさすがにキビシイですよね(笑)。

3.ひとりの時間がない

「家にひとりでいられることがほとんどない。金曜日とかに夫が飲み会だったり、土日に付き合いとかででかけてくれるときだけかな」(受付/29才)

ひとり暮らしをしてるとなかなか気づきませんけど、「家に好きなだけひとりでいられる」ってけっこうな贅沢なんですね。子供ができたりなんかしたら、なおさらですもんね……。

4.男友達とも疎遠

「『大事な友達』って呼べる人のなかに、男友達がわりと多めな女子は気をつけたほうがいいよ。
そういう友達とも、結婚を機に一気に疎遠になっちゃうからさー」(アパレル/30才)

これも、きっと旦那さんのせいなんでしょうね。
「ちょっと友達と飲みに行ってくるねー」とか言うのも、「友達って?」とか言って簡単には許してくれない人が多そう。

5.両親とのあつれき

「お正月、お盆、あとは定期的にある電話。やっぱり一番しんどいなって感じるのは、旦那のご両親との絡みかも……」(公務員/27才)

同居してたらもちろんですけど、別々に暮らしてても、こういうイライラはあるんでしょうね。
どんなにいいご両親でも、いえ、いいご両親だからこそ、「余計なおせっかいやめて!」って感じることが多いみたいですよ。

おわりに

どうでしたか?やっぱり私は今回話を聞いてみて、「結婚はまだいいかな(笑)」って感じました。結婚願望が強い女子も多いと思うけど、離婚率の高さからもわかるように、結婚したら即ゴールってことは絶対にありません。

本当に本当に、どんな嫌なことがっても後悔しないって思えるまで、恋愛としてのお付き合いがベストなんじゃないでしょうか。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事