2015.08.02

もう我慢できない!男子が告白を決意する瞬間4つ

男子からの告白は唐突なことも多く“まさか彼が私のことを好きだったなんて”と、驚いた経験がある女子もいるのでは?

そんな男子からの告白ですが、一体どのようなタイミングで好きな子に想いを伝える決意をしているのでしょうか。
そこで、男子が告白を決意する瞬間について、身近にいる男子たちに聞いてみました。

1.一緒にいて安心できたとき

「男は一緒にいてくつろげない女子を本気で好きになることはない。断言できるよ。だって刺激的な女子だと、最初は楽しいかもしれないけど、結局疲れちゃうもん。
だから、気になる子と一緒にいて安心感を抱けるようになった瞬間“この子を逃したら後悔する”と思って告白したくなる」(28歳/士業)

どうやら男子が一緒にいて安心できる女子を最終的には選ぶという説は正しいようですね。

好きな相手が刺激的な女子だと、後々振り回されることを恐れて、告白まで気持ちが盛り上がらないまま終わってしまう男子も少なくないのでしょう。

彼から告白を引き出したいのなら、まずは一緒にいて安心できるあなたを目指すといいかもしれませんね。

2.彼女が自分を頼ってくれたとき

「俺は気のある女子に頼られると弱いところがあって、その瞬間、告白を決意することが多い。
たとえば、たいしたことじゃないかもしれないけど“荷物が重いから持ってほしい”と気になっている子に言われると、うれしくなっちゃって、無性に自分の気持ちを打ち明けたくなる」(26歳/広告)

男として頼られた瞬間に告白を決意する男子は、意外といそうですよね。“頼る”という女子からの働きかけが男子に告白を決意させるキッカケになるのでしょう。

もし告白されたい男子がいるのなら、その彼を頼ってみるといいかもしれませんよ。思いがけず、告白されちゃう可能性もあります。

3.自分に100パーセント気があるとわかったとき

「好きな子がいても、気持ちを伝えるのって相当な勇気がいるじゃん?言おう言おうと思っていても、なかなか勇気が出ないもんだよ。
そんなときに、彼女の気持ちが俺に100パーセント向いているとわかると、迷わず告白できる。
ハートの絵文字入のLineを意味深に送ってきたり“○○と一緒にいると幸せ!”って言われると、自信を持って想いを伝えられる」(23歳/学生)

男女どちらでも告白するのには、かなりの勇気が必要でしょう。そんなとき、相手の気持ちが100パーセント自分に向いているとわかれば、告白する勇気が湧いてきますよね。

すでに良いムードになっている彼が告白してくれないようなら、気がある言動を積極的にとってみるといいかもしれませんね。

4.もう会えない可能性が高いとき

「彼女ともう二度と会えないかもしれない、と思ったとき告白する決意をしたことがある。
“今、想いを伝えなければ後悔する”って思ったんだよね。
そしたら、自然に体が動いてたよ。人ってピンチに陥ると、思い切った行動ができるんだな、と思った」
(25歳/メーカー)

好きな人にもう二度と会えないかもしれない、なんて想像しただけでも悲しい状況です。

でも、そんなときだからこそ思い切った行動ができるのでしょう。
卒業や退職など、人生のひとつのコマが終わるときに告白を決意する男子は女子同様に多いようですね。

さいごに

男子が告白を決意するときは、女子の気持ちがある程度、自分に向いているとわかったときが多い様子。

相手からの告白を待っている女子は、自分の気持ちを彼にさり気なく態度や言葉で伝えてみてくださいね。

(羽音/ライター)

関連記事