2015.09.01

マヤ暦&数秘でみる「9月の運勢」

マヤ暦とは古代マヤ文明の高度な天文学や数学を駆使し、自然のサイクルに同調した暦です。13の「宇宙の銀河の音」を数に表し、「心の暦」と呼ばれる顕在意識と潜在意識を色で表したものを組み合わせていました。

シンクロニシティを起こす

私たちは自然の一部でありながら、それを忘れ、自ら生きにくくしています。マヤ暦も数秘も宇宙からのメッセージを数で表したもの。心のみでなく現実の仕事や人間関係などにも活かせます。
全体の流れをマヤ暦から、そしてメッセージを誕生月ごとの数秘から受け取ってみてください。

9月の銀河の音

9月のスタートの音は「8」で「共振」という意味。キーワードは「フォロー」です。運勢アップのために自分自身の心身のバランスと周りの人との共感、協調が大切です。

時期的な流れ

時期的な流れ
(1) 9月6日までは、「黄色い種の13日間」(生命の種、開花の力、目覚め)
「黄色い種」は、結果の前の見直し期間。自分の考え方や精神がしっかりしていないと波乱含みの時期になりそうです。好奇心は旺盛になり、興味のあることを見つけられますが、他人の問題に首を突っこみすぎないようにしましょう。

(2)9月19日までは、「赤い地球の13日間」(シンクロニシティ、連帯感、発展)
「赤い地球」は、心の連帯感を大切にし、周りの人との調和をとることであらゆる可能性が広がっていくでしょう。

(3) 10月2日までは、「白い犬の13日間」(誠実、忠実、家族愛)
「白い犬」は、大切な人との信頼関係を深める期間。相手が信じられるかどうかがポイントです。意固地になりやすく、もっと甘えていい時も頑張り過ぎそうです。喧嘩しても本音でぶつかり合うことがお互いの心を開く鍵になるでしょう。

数秘:誕生月別ワンポイントアドバイス

☆1月生まれ
広くに思いを伝えやすいとき。思い切って大勢に人にメッセージを送ってみて。

☆2月生まれ
変わろうと思っている人にはチャンス。新鮮な気持ちを大切に。

☆3月生まれ
こじれていた人間関係、交渉が上手くいきそう。助け合いの精神が鍵に。

☆4月生まれ。
ホッとひと息楽しめそう。道徳観念が緩みそうなので気をつけて。

☆5月生まれ
規則、秩序を大切に。数値で考えると認められやすいでしょう。

☆6月生まれ
変化が多く、月初めと終わりでもムードが違うかも。柔軟な態度でいましょう。

☆7月生まれ
人に助けてもらうと動かない計画、問題に解決策が見いだせそう。

☆8月生まれ
比較的静かな月。不言実行、正確さを大切に。

☆9月生まれ
自己中心的になりやすく喧嘩しやすいかも。自制心を大切に。

☆10月生まれ
停滞感から抜け出る人も。整理整頓は運気アップに。

☆11月生まれ
考えるよりも行動を優先しましょう。自分に誇りを持って。

☆12月生まれ
美意識を高める美術、音楽など生活に取り入れましょう。

おまけに

9日は拡張日。12日はこの年後半に向けての出発の日。これからの見直しと新たな気持ちに切り替えを。21日は金運がアップする日。27~31日はエネルギーの強い日。いいも悪いもはっきり結果が出そうです。
宇宙の音は、自然の流れとタイミングを告げています。耳をすませてシンクロニシティを呼び寄せましょう。

(数野ギータ/ライター)
関連キーワード

関連記事