2015.09.01

JK必見!男子高校生が「この子を彼女にしたい!」と思う瞬間・5選

青春がぎゅっと詰まっている高校3年間。彼氏がいるのといないのでは高校生活やその後の恋愛の価値観が大きく変わってきます。

そこで今回は、普段の学校生活で男子たちが「この子可愛い」「良い子だな」と思う瞬間を、現役男子高校生と、かつて高校生だった男性たちへの取材を元に、4つご紹介したいと思います。「JKのうちに彼氏が欲しい!」「どうしたら彼氏が出来るの?」と思っている女子必見です!

1.清潔感がある

「シャンプーの匂いがほんのり漂うような子が好き。逆にガンガン香水つけているような子は鼻がおかしくなりそうで同じ教室にいるのがキツい。」(17歳/高校生)

「制服とかだらーんと着ているような子は苦手でしたね。大体そういう子は髪の毛とかもパサパサ。高校生は無理して髪の毛染める必要ないと思うな。」(22歳/営業)

とにかく清潔感はマスト!背伸びをしてメイクをしたりすると、かえって印象が悪くなってしまうこともあります。
少しあどけなさが残るくらいがちょうど良いでしょう。若いんだから大丈夫です!

2.悪口を言わない

「高校時代、うちのクラスは何故か必ず遠足や修学旅行の班決めで女子が揉めていた。普段は仲良くしているのに急に「あの子と同じ班にはなりたくない」とか言って。
そんな時「私は誰とでも大丈夫だよ」「一緒の班になろうよ」とフォローしている女子がいた。優しい子だなって好感度がすごく上がった。」(22歳/クリエイター)

「人のコンプレックスとかを平気で笑いごとにする子がいたんだよね。そしたら普段癒し系で大人しめの子が「そういうこといっちゃだめだよ」って優しく注意していて。
付き合う通り越して「良いお母さんになりそうだな」って思っちゃいました。」(20歳/大学生)

これは彼女うんぬんよりその人の人格が問われますよね。一年で一回位はクラス内で揉め事が起きるのが高校生活というもの。

リーダー格の子がどんなに他の子の悪口を言っていたとしてもそれに流されてはいけません。

3.おいしそうに食べる

「お昼は学食が混むので、大体みんな教室で、友達数人と机をくっつけてお弁当を食べていた。
それでたまたま俺の視界に入る席でお弁当を食べていた子がいたんだけど、もう本当においしそうに食べていて。段々気になる存在になりました。」(24歳/会社員)

これはなかなか盲点でした。案外何気ないところを見られているんですね!

友達と喋りながらのお昼を楽しんでいる人が多いと思いますが、この瞬間もモテにつながるようです。

4.急に当てられて困っている

「授業中ぼーっとしていた同級生が急に当てられて、どうしたら良いか分からずあたふたしていた。思わず「可愛いなぁ」と思ってしまいました。」(18歳/高校生)

授業中よだれを垂らすくらいの爆睡はNGですが、急に先生に当てられてあたふたしているというシチュエーションに男子はきゅんときてしまうのだそう。
もちろん授業はちゃんと聞かないとだめですよ!(笑)

5.言葉づかいがきれい

「周りの女の子たちの話を聞いていると、すごく言葉づかいが汚い。「まじ?」とか「うける」とか結構平気で使ってる。でも、そんな中でひとりだけ「そうなの?」とか「面白いね」と丁寧な言葉づかいをしている子がいて・・ドキドキしちゃいました。「なんて女の子らしいんだろう」って思って。」(17歳/学生)

流行り言葉を使うのは、確かにかっこいい!
だけど、意外と男の子はそういうのは好きじゃないみたい。「流行ってる言葉を使ってるわたしってかっこいい!モテる!」と思ってる子は、速攻やめましょう!逆におブス道まっしぐらで恋愛には不向きです。

言葉づかいがきれいな「大和撫子」な女の子は、時代を問わず愛されちゃうものなんですね。身なりも言葉も美しい高校生を目指しましょう!

おわりに

いかがでしたか?

高校生活は思ったよりもあっという間に過ぎて行きます。それに制服デートが楽しめるのも高校時代だけ!悔いのないように勉強も恋愛もエンジョイしてくださいね。

(和/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事