2015.09.18

「しつこい」「困った」ナンパを上手にかわす方法・4選

街を歩いていたり、居酒屋で飲んでいた時などにしつこいナンパに引っかかったことのある女性は多いはず。

何を言っても引いてくれなくて嫌々連絡先を交換してしまった…なんて人も。その彼からのちに何回も連絡がくるのは面倒くさいですよね。
出来ればナンパされた時に相手がスパッと引く術を身に付けたいものです。

そこで今回は「しつこい」「困った」ナンパを上手にかわしたことのある女性にアンケートしてみました。すぐに使えるものからちょっと面白い系まで幅広いので要チェックですよ。

1.無視

「しつこいナンパには無視が一番です。何を言ってきても早歩きでシカトします。」(19歳/大学生)

「音楽を聴いているフリしてガン無視しますね。それでもしつこく付きまとってきたら「急いでるんで」これを言えば大抵の男は諦めますよ。」(20歳/短大生)

やはり一番効果があるのは無視してしまうことだそう。
何を言っても返事が無ければ男性側も諦めざるを得ないですよね。リスクも少ない方法だと思います。

2.とっさに電話が掛かってきたフリ

「私はとっさに電話が掛かってきたフリをしますね。
「もしもし~」と相手の声をかき消す勢いで話し出せば向こうもその気がないんだなって分かってくれます。」(22歳/受付)

別に電話が掛かってきていなくてもこれは使えますね。そのまま足早に去ってしまえば男性も追いかけてくることはないでしょう。

3.結婚してるんで

「「超可愛いじゃん~いくつ?」とか言ってくる人いるんですが、「あ、私結婚してるんで。すみませ~ん」って言っちゃいます。
向こうも「あ、そうなんだ…」みたいな気まずい雰囲気になって新しい子探しに行きますよ。」(21歳/フリーター)

これはなかなか思いつかなかったです。結婚していると言われてしまえば、それ以上手を出そうという気にはならないかもしれませんね。

4.日本語が分からないフリ

「私は基本無視する派なんですが、帰国子女の友人は街で声を掛けられても「I don’t speak Japanese.」で通す。今のところ男性はみんな去って行っています。」(23歳/営業)

もし男性が英語ペラペラだったらアウトかもしれないですね…。いや、むしろ意気投合してしまうかも?
発音に自信のない人は避けた方が良いかもしれません。

5.イケメン苦手なんですよ

「お客さんとかにナンパされたら「私イケメン苦手なんですよ~ごめんなさいね」とその場をやり過ごす。
向こうもまんざらでもなさそうだし、誰も傷付かない。」(25歳/カラオケ店員)

居酒屋やカラオケなどの接客業をしている人は、お客さんに絡まれたりナンパされたりすることは日常茶飯事。

お客様相手に下手なことも言えないし、これは大人な対応だと思います。気持ち良く酔いが回って常連さんになっちゃうかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか。
普段使えそうなものから、ちょっとハードルが高そうなものまで様々だったのではないででしょうか。

くれぐれも「ナンパされたからついて行っちゃった。」なんてことだけはやめてくださいね。

(和/ライター)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事