2015.09.26

それって告白!?曖昧にしか言わないカレの気持ちを確かめる方法・4つ

こんにちは、木口美穂です。

男性に「俺、◯◯のこと好きかもしれない…」「◯◯と一緒にいると安心する、ずっと一緒にいたい」などと曖昧だけど告白とも取れる言葉を言われた経験ありませんか?

その時はなんの気なしに会話が終了したけど、後々考えてみるとあれはなんだったんだろう…って、自分もカレのことを好きだったら尚更気になりますよね!

でも「付き合って!」とは言われていないし、どうしていいかわからない女の子へ!

今回は、曖昧な言葉を言われたことがある20代女性に「どんな風にしてカレの気持ちを確かめたのか」を取材してきました!

1.話に乗ってみた

「好きかもって言われたから私も好きって言った!お互い好き同士だからじゃあ付き合ってみる?って話になった!」(23歳/アパレル)

曖昧なことを言う方って、ただ奥手かハッキリ物を言って断られたくないパターンかかなりの天然ボーイで友達として好きかに分かれると思います。
奥手なカレであれば、「俺好きかも」ってかなり勇気を振り絞って伝えた感がありますよね!

だからこれはしっかりと答えてあげたい!
また、ハッキリ物を言って断られたくないパターンのカレも相手の女の子も『自分のことを好き』という確信がないからハッキリ言えない。ならば、こちらも好きですよ!という意思を示しましょう。

かなりの天然ボーイであれば、話にいくら乗っても『付き合う』というワードは出てこないのでご注意を!

2.そろそろ彼氏が欲しいといってみた

「曖昧すぎたからその人に、そろそろ彼氏欲しいな~って言ったら『俺たち付き合ってるんじゃないの?』って言われた。」(26歳/事務)

そりゃないよという返答ですね!ちゃんと付き合って!とか付き合おうって言ってくれないと、好きとか一緒に居てね!だけじゃわかりませんからー!
こうやってカマをかけるのもアリ!

3.彼女いないの?って聞いてみた

「好きとか本気で言ってるのかわからなかったし、他の女子にも同じこと言ってるんだと思って彼女いないの?って聞いたら『お前だよ』って言われた。」(21歳/大学生)

そりゃないよの返答パート2!『お前だよ』なんて言われたら「え?いつから?その間彼女らしいことを何も出来なくて申し訳ございませんでした」って土下座でもしたくなるレベルの返答が返ってくる場合がありますので心の準備をしてから聞いてみてね!

4.自分から聞いた

「なんか曖昧すぎて男らしくないなって思ったらイライラした。今の言葉はなんだったの?告白?って自分から聞いたよ!」(25歳/出版)

オンナは強し!バリバリ自分で聞いちゃうのもアリですね。だって気になりますもんね!

また、自分から聞いて今のは告白だ!なんて言われたら、「大事な言葉を濁すような男性なんだな、ちょっと違うかも…」って気付けるかもしれないから自分が本気ならばこちらから聞くのが賢い選択かも!

おわりに

このテーマについて考えている時に思ったのは、「やっぱり男性にはビシッと決めるとこは決めて欲しい!」ということ。

たとえ、想いが通じ合わなくても濁すような男性よりかっこいいと思えます。
大事な言葉を濁す方は、普段の生活でも濁すことが多いので女の子の皆さんは要注意ですよ。

(木口美穂/ライター)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事