2015.09.30

こんな理由だったの?彼が写真を撮られるのを嫌がる理由・4選

女性って写真が好きですよね。女友達と遊びに行ったら必ず写メを撮るという人も多いはず。旅行はもちろん、普段の何気ない日常も写真にとって思い出に残しておきたいものです。

しかし、それと同じ感覚で彼と一緒に写真を撮ろうと思ったら手で顔を隠されてしまったり、「俺写真嫌いだから」と拒否されてしまったことはありませんか?

さすがに今のご時世「写真を撮られると魂抜かれる」と考える人は少ないと思いますが、写真嫌いな男性はやはり多い印象を受けます。

そこで今回は、普段から写真を撮られるのが苦手な男性にその理由についてアンケートしてきました。

1.SNSに貼られたくない

「別に浮気してるとかそういうことじゃないんだけど、晒し者みたいになるのが嫌だ。彼女の友達とかも見ているわけでしょ?
『○○ちゃんの彼氏大したことない』とか裏で言われたくない。」(24歳/公務員)

「幸せアピールと言わんばかりにFacebookに写メを載せている友人を見ると自分にはこういうの向いてないなと思う。」(20歳/大学生)

彼女と二人きりの思い出として写真を撮るのは良いけれど、不特定多数の人が見られる場所に写メを載せられるのは嫌だという声が挙がりました。
彼の立場もありますし、なるべくなら彼の意見を尊重してあげましょう。

2.どんな顔をしたら良いか分からない

「小さい頃から写真を撮られる時にどんな顔をしたら良いか分からないんですよね。
学校の集合写真なんかもいつも下向いているようなタイプだったので。」(25歳/工場)

「自分の顔に自信がないせいもあってか、写真は苦手です。何だか恥ずかしいし、格好つけるのも性に合わない気がします。」(18歳/高校生)

女性と比べ、普段から写真を撮る機会が少ない男性は、撮られることに対しての苦手意識が強いようです。

『一緒にピースしようよ』などと簡単なポーズを決めて撮ると少しは改善されるかも。

3.思い出は心の中で十分

「旅行などに行った際に、写真を撮る事ばかりに集中していると実際の思い出が薄れる気がする。
その場の雰囲気を心に焼き付けたいので写真はあまり撮りません。」(27歳/公務員)

「たまに写メを撮ることが本来の目的になっていて、全然楽しそうじゃない子がいる。
『何でそこで撮ったの?』みたいな一枚とかあるし。思い出は無理に写真に収める必要はないと思う。」(23歳/アパレル)

確かにあまりにも写真ばかり撮っていると、本来の目的を失ってしまうような気もします。場所を選んで適度に撮るようにしましょう。

4.写真を撮られるより撮る方が好き

「俺は断然撮られるより撮る派です。だから自分の写真なんてほとんどない。
むしろ旅行に行った際の写真係は任せてって感じ。」(25歳/飲食)

撮る専門の彼だと必然的に2ショットは無くなってしまいます。風景の写真なども大切ですが、『たまには一緒に撮ろうよ』と彼を誘ってみましょう。
このタイプの男子は案外乗ってくれるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
女性としてはやはり彼とラブラブ写真を撮りたいですよね。どうしても嫌がる彼には頼み込む作戦で行くしかないかも?

(和/ライター)
(平尾優美花/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事