2015.10.21

これぞ理想!身長差カップルにしか味わえない幸せシチュエーション・4選

自宅での浮気がバレて離婚した某芸能人のイメージで「身長差カップルはうまくいかない」と思っている人がいるかもしれません。

でも、実際は正直少し、いや、めちゃめちゃ羨ましくないですか?少女マンガを具現化したようなあのほっこり感といい、いじらさしさといい・・・

今回はそんな、身長差のある凸凹カップルならではの「ハッピーエピソード」を街行くラブラブカップル達に聞いて回っちゃいましたよ!

1.お姫様抱っこ

「顔見るのにいちいち腰かがめるのが面倒だから、結構な頻度でお姫様抱っこするよ。彼女146㎝だからひょいっと持ち上げられちゃうんだよねー。小動物みたい。
そのままの状態で会話したり部屋の中ぐるぐる回ったり、何気すげー楽しい遊びだわ」(20歳男性/運輸)

・・・ずるい・・・(笑)この場合、彼氏さんが自分の目線に合わせるために張り切る感じですかね。

身長差を生かしたスキンシップで童心に返ることができるのは、通常カップルには絶対マネできない特権!遊びのバリエーションが増えておうちデートもより一層楽しくなりそう。

2.階段キス

「高校の帰り道、河原の土手の階段とかビルの非常階段でキスとかハグしてた(笑)
あれは今思い返しても美しい青春やなあ。ま、誰もいない田舎だからこそできたんだけど」(21歳男性/学生)

イラストで検索すると何とも可愛らしい身長差カップルの階段キスをたくさんお目にかかれますよ。
段差の上に立った彼女が積極的に行くも良し、下から彼がふいにするのもまた良いですね!これの応用編はエスカレーターになりますが、人目があるので難易度は高め、しかも動くし・・・

3. 上目遣い、顔を近づける動作

「明らかに目線の高さが違うから、お互い顔の距離も遠く感じる。だから会話する時は一苦労だよ。
「ねえ」って服の裾を引っ張ったり上目遣いでアピールしてやっと気付いてもらうと、「何?」ってしゃがんでやっと顔が近づくみたいな!でも、いちいち面倒なのも悪くないな」(19歳男性/学生)

傍から見ている限りでは微笑ましい身長差カップルですが、このように大変な思いもしているんですね。

しっかり顔を見なくてもスムーズに会話できる通常カップルとは異なり、背の低い女のコが上目遣いをし、それに応答するため男子が体や顔を近づけることで、普通に会話するだけでもアイコンタクトの回数が自然に増えていくのです。これはラブラブを長続きさせる秘訣だと言えるでしょう。

4.彼の身体にすっぽり収まる

「お互い座った状態で後ろからハグされて一緒の毛布にくるまるの最高。さすがに30cm差だと彼の腕の中にすっぽり入っちゃうの。
この絶妙なフィット感は彼もお気に入りで、小さいコで良かったって頭ポンポンしてくれる」(22歳女性/金融)

フィット感・・・そう、身長差カップルは並んで歩いていると違和感がありますけど、体勢を変えると妙に溶け込んで見えるというか、一体となって見えますよね、変な意味ではなく・・・。

特に冬は彼のコートの中に彼女がインしっちゃったりなど、何かとフィットする機会が多そう。羨ましい!!!

おわりに

身長差という物理的な差異を埋めようとする時、結果としてそれは身長差カップルにしかできない愛情表現となるわけですね。

「小柄なのが悩み」という女のコも、この際ぜひ背の高い彼をゲットして、自分が低身長ゆえの幸せを手に入れて欲しいです。(成瀬いづみ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事