2015.10.27

そういうことだったの?セフレを作りたがる男性の心理・4選

男性の中には「体だけの関係を持ちたい」と考える人もいますよね。女性からすると「好きだからセックスってしたくなるものじゃないの?」と疑問に感じることも。

もちろん全ての男性がセフレを作りたい訳ではないですが、もし好きな人にセフレにされたら…と考えると女性なら怖くなってしまうもの事実。

そこで今回は男性に「セフレを作りたがる心理」についてアンケートを取ってきました。

1.お互いに会いたい時だけ会えば良い

「今日はちょっと気分が乗らないな…という時もためらわずにドタキャンできる。
彼女だと次のことを考えて色々と気を使ってしまい、たまに面倒くさくなる時がある。」(22歳/大学生)

「突然呼び出しても問題なく来てくれる。好きな時にセックス出来るのがセフレの醍醐味。」(26歳/営業)

一番は『気を使わず、会いたい時に会える』という声が挙がりました。
男性からするとセックスのためにデートをするような時もあるのだとか。女性からするとちょっと寂しい気もしますね。

2.様々なプレイが楽しめる

「彼女には恥ずかしくて頼めないプレイもセフレになら頼みやすい。やっぱり彼女に引かれるのは嫌なので…」(21歳/大学生)

「彼女とのセックスは少し物足りなかったけれど、セフレとのセックスはすごく楽しい。体の相性がぴったりなんだと思います。」(25歳/アパレル)

やはり彼女は本命なので自分の性癖で嫌われたくないという思いがあるのだとか。
女性としてはセフレを作るくらいなら彼女に『こんなエッチがしてみたいんだけどどうかな』と一言聞いて欲しい気もしますよね。

3.寂しさを共有できる

「お互いに何となく寂しいな、と思った時にお酒とセックスで気持ちを紛らわしています。
俺は彼女もいないし罪悪感も特にない。家に一人でこもっているより全然良いですよ。」(25歳/広告)

「お互い他の人に片思いをしていて上手く行っていない。相手も寂しい気持ちがあってセフレを作っているから、特に問題はないと思っている。」(24歳/フリーター)

好きな人と上手く行っていなかったり、どことなく人肌恋しい時にお互い寂しい気持ちを共有できるようです。

相手が幸せになったら身を引こうと考えている男性もいるようですよ。

4.一瞬でも現実を忘れられる

「彼女には結婚やお金の事など現実的なことを考えてしまいますが、セフレはその時だけの遊びなので何も考えなくて済みます。一緒にいて気が楽です。」(26歳/販売)

「仕事で怒られた時やミスをした時、セフレといると現実を忘れられます。だからと言って彼女にしたい訳ではないんですけど。良き理解者って感じですかね。」(25歳/営業)

日常生活で嫌なことがあった時に、セフレとセックスをすると嫌なことを忘れられるんだとか。

女性は女子会をしたり、美味しいものを食べたりして発散しますが、男性によってはセックスが一番のストレス発散方法になっているのかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
友達とも恋人とも違うセフレは改めて特殊な存在な気がしました。
女性には理解し辛い部分もありましたが、セフレを作っている男性のマインドにはストレス発散などの部分もあるよう。男性のストレスがどういうものなのかを知れば、恋愛に役立つこともあるかもしれないですね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事