2015.10.28

閉ざされた心を開け!奥手男子の攻略法・4つ

気になる男性がシャイで奥手な人だと、どうアプローチすればいいか困りますよね。
あまりガンガン攻めても、場合によっては距離を置かれてしまい、ますます恋が遠ざかってしまうことも…

そこで、今回は奥手男子とお近づきになるためのポイントを紹介いたしましょう。

1.こっちから挨拶

「あまり話したことない女の子とすれ違ったりするときって、挨拶していいのか迷うんです。
けど、僕に気づいてくれたらいつも挨拶してくれる子がいて、そのうち僕からも挨拶できるようになりました」(10代/大学生)

奥手男子は、「そんなにまだ仲良くなってないし、こっちから挨拶したら変に思われちゃうかな…」と頭の中で悩みがちなので、こちらから毎回挨拶してみましょう。

そうすれば「あ、挨拶してくれるってことは、僕からもしていいんだ…」とまず仲良くなるための第一関門を突破できますよ。

2.目を見て笑顔

「けっこう女子が苦手だし、目を見て話すのも苦手なんですけど…あんまりじろじろ見たら変に思われるかなとか考えたり…でも、最近話してる女の子は、僕の目をすごく穏やかな笑顔で見てくれるから、なんか安心するんです」(20代/SE)

まずは相手をリラックスさせてあげるために、穏やかな笑みで見守ってあげましょう。
無表情で話すと、神経質な奥手男子はどんどん不安になっていくので、包み込むような母性あふれる笑みを意識です。

3.相手に興味をもつ

「何を話せばいいのか分からないと、ホント不安になります。
ただ、向こうから僕のことを聞いてくれたら、なに話せばいいかハッキリ分かるし、それに僕に興味をもってもらえてると嬉しいです」(20代/webデザイナー)

奥手男子は自分に自信をもっていないことが多いので、相手の話を興味深く聞いてあげれば「僕なんかに興味もってくれてる…!」と感じて、心を開いてくれるみたいですね。

どんどん相手の話を聞いて楽しそうにしてあげれば、あなたの姿は奥手男子の記憶にバッチリ焼き付くこと間違いなしですよ。

4.「一緒にいると落ち着く」という

「自分のこと、暗くて地味だなって感じてるので、彼女なんてできないと思ってたんです。
でも、『僕と一緒にいると落ち着くから好き』って言ってくれた子がいて、こんな僕でもありのままでいいんだって思って、告白しました。それが今の彼女なんです(20代/大学生)

奥手男子は自分に自信がなくて、「こんな自分じゃ女の子に好かれない…」とネガティブに捉えがち。
なので、これを逆手にとりましょう。「今のあなただから好きなのよ」とアピールすれば、彼の心はグッと近くなります。

奥手男子の奥手男子だからこその魅力をどんどん言って、それが好きだとアピールすればこっちのものですよ。

おわりに

奥手男子はなかなか臆病で接近を許してくれない、ある意味手ごわいところがありますが、その繊細さを理解してあげれば仲良くなるのはそう難しくありません。

距離を縮めたら、「そんなあなたが好きだよ」と奥手男子のコンプレックスを受け入れてあげれば、ハートをゲットするのは時間の問題ですよ。(大西薫/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事