2015.10.30

心からの応援?それとも放置!?激務の彼の心に響く彼女の対応・4選

社会人の彼氏を持つと毎日仕事で忙しそうで、なんて声をかけていいか悩んでしまいますよね。
同じ職種ならまだしも、自分よりも毎日せわしなく働いている彼…。

彼女として、一番の理解者になってあげたいですよね。
「応援しているから頑張れ」なんて、頑張っているそばからは言いにくいものです。
今回は、激務の彼の心に響く対応をまとめてみました!

1. 体の心配をしてくれた

「俺の体のことを気にかけてくれるようなLINEをくれたのは嬉しかったな。
体のことを心配してくれたり気にかけてくれる人はいなかったから身に染みたよ」(25歳/営業)

「彼女が「体だけは壊さないように」って栄養ドリンクとかを差し入れてくれたときは「もうひと踏ん張り頑張るか!」って気合い入ったな」(26歳/IT)

特に一人暮らしをしている男性にとっては魔法の言葉の様に心に染みるみたいです。
小さいころ、けがをした時に「痛くない!」って思っていても人から「痛いよね、大丈夫?」と声をかけられるとなぜか安心して泣いてしまったりしますよね。

彼も同じように「これくらいの体の不調ならまだいける!」と思い込んで頑張っているかもしれません。彼女であるあなたから「つらいよね。体壊さないか心配だよ」と一言伝えてあげるだけでも、彼の心は癒されるのです。

2. 連絡はくれるけど返信は求めなかった

「彼女から毎日のように連絡は来るんだけど、俺からの返信は求められなかったから楽だったよ。
励ましの言葉とか心配していることとか書いてあるんだけど「返信はいらないのでお仕事頑張ってください」って、女神か!」(26歳/金融)

「仕事で忙しい自分の心配はしてほしいけど、返信するほどの時間は割けない」というのが男の本音のようです。

忙しいと返事を考える時間さえ作れないようなので、「返信来ないんだけど!」とイライラしないように!彼の気持ちを楽にしてあげるためにも、文の最後に「返信はいらないよ」と付け足してあげるとお互いモヤモヤすることもなくなるでしょう。

3. 世話をしに来てくれた

「一人暮らしで疲れて帰って来て飯も食わずに寝る日が続いたんだよ。
彼女が心配して押しかけてきてくれて、帰ってきたら温かい風呂と手作り料理が用意されていた瞬間泣くかと思った(笑)」(24歳/出版)

一人暮らしをしていると、実家では当たり前のように用意されていたものが恋しくなります。特に忙しくて自分の生活にまで手が回らない時には。

彼が忙しくて仕事で手いっぱいになっているときこそ彼女の出番です!
彼の家で彼を迎える準備を整え、精一杯の「お疲れ様」で出迎えてあげましょう。

4. 完全放置

「一つのことに集中したら他のことに手が回せないタイプだから、彼女に何されても冷たくしちゃって振られることが多かったんだけどさ。
今の彼女は俺と同じようなタイプだからか、忙しくなったら完全放置してくれるから、とても楽!」(26歳/IT)

人によっては一切かまってほしくないタイプもいます。
仕事が忙しくなると連絡が途切れて、反応が悪くなる彼はもしかしたら「完全放置型」タイプかもしれません。

仕事が片付いて体が休まれば、ケロッとして帰ってくるので彼の自然復活を気長に待っていてあげましょう。

おわりに

彼のタイプによって、励ましや気遣いの言葉が鬱陶しく感じたり、やる気につながったりと様々です。

彼と付き合ってじっくり彼のタイプを知って、どんな時も彼にとって一番の存在になれると良いですね。(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事