2015.11.03

あれれ?以前よりそっけない!?脈なしと勘違いされやすい男性のLINE返答・4選

LINEをし始めた頃はテンポよく会話が続いたり、スタンプや顔文字でにぎやかだった会話も、時が経つにつれ変わってきますよね。

「私に興味がなくなってしまったからでは?」と彼の変化に不安になることも多いと思います。
ですが実は、彼の「そっけない」と感じていた返事が「彼の素」や「好意の表れ」かもしれません。

今回は、「脈なし」と勘違いされやすい男性のLINE返答をまとめてみました!

1. 返信が遅くなった

「好きな子に送るLINEほど時間がかかるものはないね!相手が言われて嬉しいこととか、話が盛り上がるためにはなんて送ろうとか考えちゃうんだよね。
時間かけた分適当な返信は送ったことないと思うけどね!」(21歳/学生)

連絡先交換したての頃は当たり触りのない話しかしていないから返信が早くリズムよく会話できたのかもしれません。
深く関わるようになったことで、プライベートの話や恋愛話もするようになると思います。ディープな会話になるにつれて彼の返信速度は遅くなっていくでしょう。

ですが、それは「面倒くさい」というわけではなくあなたのことが好きだから好印象な文を必死に考えているからです。
彼の返信内容を見直してみると、あなたへの配慮や好意が隠れているかもしれませんよ。

2. 文字数が変わった

「最初は相手に合わせて長文で送ったりしていたけど、慣れてきちゃうと短文寄りになっちゃうかな。
相手に気がないとかじゃなくて、良い意味で相手に慣れてきたって意味でね」(24歳/営業)

あなたに気に入られたいがために初めは必死に取り繕って文章量やテンポを合わせてくれます。
あなたとのやり取りになれた頃、やっと自分の本性を少しずつ出すことが出来るようになるので「そっけなくなった」のではなくそれが彼の通常運転なんだと受け入れましょう。

彼はあなたと素のまま関わり合えると安心してくれた証拠なので、間違っても「嫌われた!」と思い込まないように!

3. スタンプや顔文字がなくなった

「スタンプとか顔文字で楽しい雰囲気を出すために必死に使う!
だけど、ちゃんと「楽しくて明るい人」ってイメージがつけられたと感じたら面倒だから使わなくなるかな(笑)」(21歳/学生)

普段から「よく笑う」というイメージの人とのLINEは文字だけでも「笑って言ってるんだろうな」と想像できますよね。
感情が伝わりにくい文章でのコミュニケーションでは相手のイメージはかなり重要になってきます。

仲良くなり初めにスタンプなどをよく使っている人は、自分のイメージ作りをしていたのかもしれません。

4. お誘いが来なくなった

「連絡とるようになってからは俺からガンガン押して食事とか誘ってたんだよ。
でも、恋愛に引くって大切じゃん?だから、ガンガン押した後は引いて相手からの誘いをとことん待つ!」(20歳/学生)

恋の駆け引きをして相手の気を惹こうとするのは女性だけではありません。
彼からの誘いがパッタリ来なくなったら「引きの時期」に入ったと思ってもいいかもしれません。
自分から誘ってみて彼が好反応を示したら、あなたのことをばっちり狙っている証拠です。

おわりに

男性もLINEの相手が意中の人だといろいろ考えて返信しているみたいですね。
そっけなくなったからと言ってすぐに「脈なし」と判断するのはもったいないことをしているかもしれませんよ。(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事