彼に告白させる方法!アイツを「その気にさせる」魔法の言葉5つ


好きな人ができた時、あなたはどんな風に彼にアプローチしていますか?
「スキスキ!」と迫ったところで、上手くいくとは限りませんし、かといって控えめすぎると一向に彼に近づけませんよね。

「じゃあどうやって彼に近づけばいいの…?」そう思ったあなたは、こんなセリフで彼をその気にさせるといいですよ。

では早速そのセリフをご紹介していきましょう。あなたも上手にモテワードを使って、彼に近づいてみてくださいね。

1.「私も思ってた!」

人は共通点のある人に惹かれます。初対面でも出身が同じだったり、共通の趣味があったりすると仲良くなりやすいですよね。

その原理と同様に、同じものを見て同じように感じたり、同じようなことを連想したりする人には必然的に好感度が高くなるのです。

些細な事でも構いません。彼と同じ様に思った時にはどんどん口に出してみてください。
何度もそういうシーンがある事で「この子とは、とても気が合うな」と思ってもらえるはずですよ。

2.「○○君といると凄く楽しい」

好きな人といる時ってとても楽しいですよね。しかし、彼といる時に「楽しい」と口にする女子はいても、「○○君といると楽しい」と口にする女子は、意外と少ないのです。

「一緒にいると楽しい」と言われて、嫌な気がする人はまずいません。せっかくなので、ここはこの「楽しい」を彼に伝えてみましょう。

ただしこれは本当に楽しい時じゃないと白々しいし、真面目に言うと告白かのようになってしまいます。
ですので、大笑いした時や盛り上がった時にさりげなく会話の途中に入れてみてくださいね。

3.「こんなの初めて!」

男子は自尊心をくすぐられると弱い生き物です。ですので、このセリフは彼らの自尊心をくすぐるのにぴったりです。

「かっこいい」「凄い」といった言葉も自尊心をくすぐるのに悪くありませんが、「一番カッコイ」や「一番すごい」なんて言葉だと現実味に欠けますよね。

「こんなの初めて!」と言うセリフなら、必然的に彼は“1番”となり、上手に自尊心をくすぐることができますよ!

4.「○○もよかったけど、今日の○○もいいね。」

褒めワードは恋愛に欠かせません。でもただ褒めるだけよりもっといい方法があります。
前回の彼の行動や持ち物など、“あなたの事を覚えていますよ”という事と“褒めワード”を一緒にする事で、褒めワードの効力がグッと増すのです。

「こないだのカバンお洒落だなーって思っていたけど、今日のカバンもいいね」「こないだの髪型もよかったけど、今回の髪型もいいね」といった感じです。些細な事でも是非使ってみてくださいね。

5.「○○君と同じにする!」

ミラーリングやミラーの法則と言って、人は同じ行動をとる人に惹かれやすいと言われています。
ただ、動きや発言などは中々真似しにくいですし、彼があなたの事をじっと見てくれているとは限りませんよね。

ですので、ここはさりげなく発言しちゃいましょう。ランチの時なんかは、さりげなくマネできるので、あなたも彼と同じものを注文してみるといいですよ。

おわりに

「駆け引きなんて苦手…」と言うあなたも、こんな一言なら今すぐ使えるのではないでしょうか?

彼との今後は、日々の会話で決まるといっても過言ではありませんよ!あなたも是非、次に彼に会ったら使ってみてくださいね。 (織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)