2016.03.27

彼氏と週1しか会えないのが辛い…「身を犠牲にしてでも時間を作って欲しい」!

こんにちは。ライターの和です。今回は24歳社会人の方からの質問に答えさせていただきます。

「付き合って8ヶ月の彼氏がいます。お互い24歳の社会人です。職種も休みも違うため、あまり会えません。私は彼に会いたくて休みを合わせるようにしているのですが、彼は仕事が忙しいみたいでなかなか時間を作ってくれません。
彼にとっては週1が限界みたいで、会っても夕飯を食べるくらいになってしまいます。私はせめて週2は彼と会いたいです。身を犠牲にしてでも時間を作ってほしいと思うのは、やはり自己中なのですかね?」

「もっといっぱい彼氏と会いたい!」という思いとは裏腹に、彼氏と会える時間が少ないと寂しさも募ってきてしまいますよね。相談者様のお悩みについて一緒に考えてみましょう!

彼の気持ちも理解してあげて!

お互いに社会人で週に1回会う時間が作れているのであれば多いほうでしょう。彼も正直、週に1回相談者様と会うだけで精いっぱいなんだと思います。

相談者様のことが好きだからこそ、彼も何とかして時間を作ろうと努力しているのでしょう。その気持ちだけで嬉しいと思うのは難しいでしょうか?

それにこれ以上会いたいという気持ちを彼にぶつけてしまうと、関係が壊れてしまう可能性が。また「身を犠牲にしてまで」というのは自分本位な考え方。

この言葉は「彼氏が自分と会ってくれれば、疲労や寝不足で彼の体がボロボロになっても良い」と言っているようなもの。彼も社会人としても責任があり、毎日仕事を頑張っています。彼のことが本当に好きなのであれば、もう少し彼の心をいたわってあげましょう。

同棲するのも一つの手段

それでも「もっと一緒にいたい!」と感じるのであれば、同棲を視野に入れてみてはいかがでしょうか。おそらく今の彼にはこれ以上デートの時間を作るのは難しいでしょう。
生活を共にすることができれば、相談者様の寂しさも少なくなるはず。

ただし、同棲には彼の気持ちはもちろん、金銭面や家族の了承など様々な壁があります。まずは彼に相談してみて、彼が同棲に対して乗り気かどうか様子を探ってみましょう。

どうしても寂しいのであれば価値観が似ている男性を探すしかない

まれにですがどんなに忙しくても時間を作り、毎日会ってくれる男性もいます。
もし彼とデートの頻度に対する価値観が合わず悩んでいるのであれば、今の彼とは別れて新しい人を探すのも方法です。そのほうがもしかしたら相談者様の気持ちも楽になるかもしれません。

ただしこれはあくまで最終手段。今の彼とのお付き合いはどうしても我慢できないと思った時にこの方法は考えるようにしましょう。

おわりに

学生の頃のように彼氏と頻繁に会えなくなり、寂しい思いをしているのはどこのカップルも同じ。今は辛いかもしれませんが、もう少し時間が経てば彼も余裕が出てくるかもしれません。

それまでは週に1回のデートを思い切り満喫してみてはいかがでしょうか?きっとその方が彼も喜んでくれるはずですよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事