2016.03.31

ちょっと引く…。あなたとすぐに結婚しようと、外堀を埋め始めた彼氏の言動・5つ

なんか、付き合っていきなり「すぐに結婚しようよ!」みたいなことを言ってくる男子っていますよね。早い早い早い早いっ(笑)。

まあ、口で「結婚しようね」とか言ってくるだけならまだ聞き流せますけど、それが具体的に行動を伴ってくると、ちょっと怖いですよね。
結婚したいって思ってもらえて嬉しくないわけじゃないから冷たく断るわけにもいかないし、でもだからって「うん、今すぐしよう!」ってOKするわけにもいかないし。
ちょっとカレを冷静にしてあげないといけません。

そこで今回は、20代女子30人と一緒に「彼女とすぐに結婚をしようと外堀を埋め始めた男子の特徴」について考えてみました。
こういう行動を察知したら、なんとかカレにブレーキをかけなくちゃいけませんよ!

1.実家へGO!

「一番よくあるパターンが、付き合って一ヶ月経つかどうかくらいのタイミングで、『一緒に帰省しよう!』とか言ってくる人。早すぎるって(笑)」(大学生/21才)

こういうのって、大学生とかの若めの男子に限ってよくありますよね。

両親に会わせるっていうのは、ある程度長続きした状態で連れて行くから意味があるんであって、すぐに連れて行っても、「ああそう、これからよろしくね(たぶんそのうち別れるんでしょうけど)」みたいにしか思われないし、恥ずかしいですよね(笑)。

2.友達に「俺ら結婚するねん」

「すぐに周りの人に『結婚予定』とか『婚約済み』とか言いふらされると、『ちょっと待ってー(笑)!』ってなる」(大学生/22才)

そりゃ、このまま別れずに3〜5年とか続けば結婚するのかもだけど、それは「結婚予定」とは言いませんよね(笑)。こういうせっかちな男子もいますよね……。

3.家探しはじめてる

「なんかカレが毎日、不動産のウェブサイト見ながら、『ここの部屋よくない?』とか言ってすごい見せてくる……。まだそんなとこに引っ越すお金ないじゃん……」(ウェブ系/23才)

これもありがち。まあ、これくらいなら、遊びのつもりと思って話に乗ってあげることもできますけど、「じゃあ内見行ってみよう!」とか言われたら嫌ですね(笑)。

4.結婚式のプラン考案

「『結婚式誰呼ぶー?』とか具体的なことを詰めようとしてくるとかね。そういうのは、実際に結婚するときになってから決めるものなのに!」(美容師/24才)

「どういうところで結婚式をしたい」くらいの会話ならまだわかりますけどね〜。
あんまりにも具体的なところを決めようとしてくると、「あれ……?」って思っちゃいますよね。

5.「一生一緒にいるんだからさ、こういうのはやめようよ」

「なんか、もう夫婦になった前提でいろいろ話をしてくる。『ずっと一緒にいるんだから、隠しごととかしてたらダメじゃん?』みたいなね……」(営業/23才)

うん、なんかいちいち話が重いっていうか、「一生一緒なんだし」っていうプレッシャーをかけてこられるとちょっと「うっ……」てなっちゃいますよね。

でも、たしかに別れる予定があるわけでもないから、この辺の私たちの気持ちを伝えるのって、難しいですよね。「別れないけど、いまのところ結婚は考えてない」みたいな。

おわりに

どうでしたか? もちろんカレを傷つけないようにある程度話を合わせてあげるのもいいけど、ときには「それはまだ早いよ!」とスパッと言うのも大事かも。

あなたの結婚は、カレのものじゃありませんからね。譲れないところは、しっかりと言うべきでしょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事