2016.07.23

前向きな理由もあるんです。片思い中の男性との「LINE回数が減った」理由

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

好きな人ができて、LINEを交換した。
最初はやりとりを頻繁にしていたけど、最近は彼からの連絡が減った気がする……。

何があったのだろう、と疑問に思うこともあるかもしれません。
このようなときは、次のことが考えられる可能性があります。

今回は、彼からのLINEの頻度が減った理由について、代表的な4つをお伝えしていきます。

1.忙しくなった

連絡が来なくなった理由として、単純に忙しくなった可能性があります。
女性からすると忙しくても、合間でLINEくらいくれるでしょ、と思うかもしれません。
しかし、男は1つのことしか集中できない性質があります。

仕事や学校が忙しくなると、たとえ合間に時間があったとしても、恋愛のことが頭にでてこなくなることは、よくあります。
時間はあっても、LINEをしようと思わないのです。

こんなときに、あなたからどんどんLINEをすると、彼の負担になってしまうことも。
ますます距離が開いてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.気持ちが通じたと思っている

LINEのやりとりで、お互いの価値観や趣味を知ることが出来、わかりあえたと思っているパターンです。
この場合は、相手に嫌われたのではなく、むしろあなたのことが好きなケースもよくあります。

そもそも男はLINEや電話などをマメにしない生き物。
「両想いなはず…」男性はそう安心してしまうと、連絡が減ってしまうものなのです。

ですから、こちらから放置していると、だんだんと相手の男性も不安になり、連絡がくることがありますから、あまり心配する必要はありません。

3.なんか違うと思い始めた

最初は、新鮮であなたのことを知りたいと思っていたけど、あれこれ話をするうちに、なんだか噛み合わない。
思っていた子と違う…そう思い始めてフェードアウトしようとしている可能性があります。

このパターンは、やりとりが単調だったり、なんでも彼の言うことに賛同しすぎたり、あなたの個性が見えないときに起こりがち。
やりとりが面白くないと感じるので、だんだんとLINEが減ってくるのです。

また、やりとり自体は悪くなくても、告白までを引っ張りすぎると、関係に飽きてしまってこの状態になりがちです。
片思いはできるだけ短期決戦が有利なのです。

4.他に好きな人ができた

最初は、あなたのことを良いと思っていたけど、それ以上に好きになる相手ができたのかもしれません。
または、あなたとやりとりをしていたけれども、何だか反応がイマイチと感じたから、好きといってくれる人と付き合ったのかもしれません。

どちらにせよ、他の女性と付き合ったので、連絡が来なくなった可能性があります。
案外ストレートに、彼女できた?と聞いてみると答えてくれたりもするので、確かめてみてはいかがでしょうか?

おわりに…

いかがだったでしょうか?
考えれば考えるほど、いろいろな可能性がでてきますが、代表的なのはだいたいこの4つです。

彼とのやり取りを振り返ってみればどれかに当てはまると思います。
参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事