2016.07.31

仕事に忙しい彼が「LINEしてくれる時間」4位は7時半。1位は…

「今度ご飯でもどう?♪」送信ッ!
「(うさぎの可愛いスタンプ)」送信ッ!!


「ごめん、さっき忙しかったかな?」送信ッ!

……。

う~ん、それでも返信は来ないッ!!!!
待てども待てども返信が来ない。このまま待っていたらいずれおばあちゃんになって死んでしまうんじゃないかってとき、ありますよね。

そんなあなたに、仕事に忙しい彼からの返信をすばやくもらうためのコツをお教えしましょう。
それは、「送る時間帯に気を配る」こと。爆速で返信をもらいたいなら、次のような時間帯にLINEするようにしましょう。オススメ度順にご紹介します。

7時半~9時(★★☆☆☆)

「通勤の前の時間なら比較的スマホもいじりやすいし、LINEも返しやすいかな。ときどき寝ちゃってるときもあるけどね(笑)」(27歳/IT)

通勤最中の朝。電車で通勤しているなら車内では割りと手が空いています。音楽を聞いたり、本を呼んだり、でもやっぱりスマホをいじっている人が大半ですよね。

この時間にあなたからメッセージを送れば、他にやることのない彼はすぐに返信をしてくれるかもしれません。

ただし、お仕事が始まる前のこの時間は、一日の業務に向けて頭が切り替わっている瞬間。今日の予定を考えたり仕事のメールをチェックしたりすることもありますので、星2つです。

18時~19時(★★★☆☆)

「帰りの電車でまとめてLINEとかは返すことが多いかな。もうあとは家帰るだけだし」(23歳/銀行)

こちらは帰宅中の時間帯。通勤中と同じく多くの人がスマホをいじっています。
通勤中である朝と比べて、頭のなかも仕事からプライベートモードに切り替わっていますから、業務外の連絡も目に留りやすいでしょう。

ただし、一日中人に気遣って働いて疲れて帰ろうというこの時間は、あまり返信するだけの元気がないかもしれませんから、星3つです。

12時~13時(★★★★☆)

「昼休憩のタイミングで連絡くれると返しやすい!あと、ちゃんと業務の隙間の時間に気遣って連絡してくれるとちょっとポイント高い」(28歳/広告)

ご飯を食べている人が多いこのお昼どき。仕事から開放されてリラックスしているこの時間は、けっこう連絡をとりやすい時間帯です。彼としても「休憩しよう」という思いが強い時間帯ですから、プライベートな連絡にもかなり目を留めてくれるでしょう。

しかし、運悪く急な業務が入ってしまうこともしばしば…。また、職場の先輩とご飯を食べている最中であればスマホもいじりづらいですから、1つ欠けて星4つです。

22時~23時(★★★★★)

「やっぱ夜寝る前とかの時間かな~。落ち着いて内容考えられるし。長文LINEとかあんまり好きじゃないけど、読むとしたらこの時間」(26歳/公務員)

オススメ度No.1の時間帯はココ!
晩ごはんを食べ終え、テレビを見て、1日の中で一番リラックスしている時間と言ってよいでしょう。ここを狙ってLINEを入れれば、ダラーッとスマホを見ていた彼がササッと返信してくれること間違いなしです。

また、夜家に帰ったあとっていろいろなこと思う時間ですから、このときに連絡を入れておけば、彼が自分について考えてくれるかもしれませんよ。

彼の生活スタイルを気にしてあげて!

ここであげたのは、あくまで「一般的な」例です。学生の彼、生活が不規則な彼、帰りが遅い彼…男性にもさまざまなありますから、彼の生活スタイルに合わせてちょうどよい狙い目の時間を選んでくださいね!(豆つきモヤシ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事