2013.09.11

彼をキュンとさせる!かわいい「すね方」のコツ・6選


「彼が、デート中に他の女の子を『かわいい』と言った」「しつこく元カノの話をしてきた」・・・怒るほどではないけれど、彼氏にちょっとムカついたとき、女性には「拗ねる」という表現方法があります。でも、タイミングやそのやり方次第では、彼までムカつかせることにもなりかねません。今回は、彼氏に確実に「かわいい!」と思ってもらえる「拗ね方」のコツをお教えします。

1.小さくをほっぺを膨らませる

「彼女が拗ねてるときに、軽く唇をとがらせてほっぺを膨らませるの、すごく好き。膨らんだほっぺをつっつくと、自然に仲直り。」(21歳/学生)

まるいほっぺは幼く見えてかわいいため、男性支持率が高めのようです。「どう拗ねたらいいのかわからない・・・」という初心者さんは、とりあえずほっぺを膨らませてみましょう。ちょんちょん、としてもらえるはずです。

ただ、全力で頬を膨らませるとお世辞にもカワイイとは言い難い顔になってしまうので、「小さく」膨らませるということを意識しましょう。巨峰を口に含んだときくらいの膨らみがちょうどい良いです。

2.いじめられて涙目

「好きな人のことはいじめたくなっちゃうのが男心。からかわれた彼女がちょっと涙目になりながら拗ねちゃうと、本当にかわいいなと思う。頭なでて謝ります。」(23歳/アパレル)

ちょっとS気味な男性は、彼女をいじめるのが好きです。彼は「いじめる→拗ねる→謝る」までを一つのイチャイチャパターンとして思い描いているため、もし「このイジリは本当に嫌だな」と思った場合は、拗ねるのではなくきちんと怒らないと、彼には伝わりません。注意しましょう。

3.伏し目になる

「拗ねるときに上目使いだとあざとすぎるけど、伏し目だと素直にかわいそうになる。こっち向いてほしくて、ちゃんと謝る。」(28歳/コンサル)

拗ねるときは「上目使いはしない」というのがポイント。あまりにも「ぶりっ子」っぽさが目立つと、彼のほうも少々「めんどくさいな・・・」と思うからです。切なげな表情で、自分の太ももあたりを見ましょう。守りたくなる「伏し目フェイス」になります。

4.理由がかわいい

「拗ねる理由が結構大事。「他の女の子の話ばっかりした」みたいな、一途彼女っぽい理由で拗ねるのはカワイイし、「俺が悪かったな」とも思うけど、「ご飯がマズかった」とか「疲れた」みたいな理由で拗ねられると、正直うんざりする。」(26歳/金融)

拗ねればカワイイというわけではありません。「こいつ俺のこと好きだから、拗ねて甘えてるんだな」とわかればこそ、ほっぺを膨らませている顔もかわいく見えるのです。イライラやモヤモヤをぶつけるために拗ねるのは、絶対にNGです。

5.謝ったらすぐ笑顔になる

「ぎゅっとしながら「ごめんね」と言ったら、すぐに笑顔になってほしい。その笑顔に愛おしさを感じるから。」(24歳/小売り)

拗ねた後の笑顔はとても大切なポイント。彼が謝ってきたら、すぐに許してあげましょう。もし拗ねた原因が「元カノの話」など、「本当に嫌だと思っていること」だったのであれば、「もう、次言ったら本当に怒るからね」と笑顔で釘をさしておくのも良いでしょう。

6.やりすぎない

「たまに拗ねるからかわいいのであって、一日に何度も拗ねられたら会話するのも疲れる。ここぞというときに使ったほうが効くテクニックだと思う。」(27歳/IT)

あまりにも怒りん坊な彼女は、なかなか愛されません。長く愛されたいのであれば、ちょっとした彼の意地悪くらいは、笑顔でやんわりかわす力も身につけておきたいところですね。

おわりに

「かわいい拗ね方」のコツはつかめたでしょうか。かわいく拗ねると、彼に頭をぽんぽんしてもらえたりと、おいしいご褒美があることも多いです。さっそく試してみてくださいね。

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事