2013.10.16

ときには小悪魔に!男性をキュンとさせる「意地悪」・4選


かわいいけれど、どこかつかみどころがなく、人を夢中にさせるのが得意な小悪魔系女子。彼女たちは、褒めたり甘えたりするのが得意なのですが、実は「意地悪上手」でもあるのです。今回は、20代男女へのインタビューをもとに、小悪魔系女子が実践している「キュンとさせる意地悪」をご紹介します。ワザを盗んで、彼氏や好きな人を翻弄しちゃいましょう。

1.目が合ったらそらす

「飲み会で、気になっていた人と目が合って喜んだのも束の間、数秒で目をそらされた。そんなことが何回も続くうちに『ちゃんとこっちを向かせたい!』ともどかしくなり、気づいたら彼女に夢中になってしまっていた。」(26歳/マスコミ/男性)

じーっと見つめられるのに弱いという男性は多いですが、見つめすぎてしまうと「あなたのことを好ましく思っていますよ」という気持ちがあまりにもダダ漏れに。彼をもっと夢中にさせるには「どうにかして振り向かせたい」と思わせることが大事なので、「目をそらす」という行為こそが重要なポイントとなるのです。目を合わせてはそらし、「もどかしい!つかまえたい!」と思わせましょう。

2.わからないフリ

「男性と良い雰囲気になったとき、『まぁなんか、わかるでしょ』と言われた。『わからないから、ちゃんと言って?』と意地悪したら、照れながらもちゃんと告白してくれた。男は甘やかしすぎないことが大切。」(21歳/学生/女性)

小悪魔系女子に、物わかりの良さは必要ありません。意地悪やワガママを上手に使って、彼にきちんと愛を表現させましょう。「好きならちゃんと言葉にして」「わからないから、わからせて」と言い続けることで、彼からたっぷり愛情を注がれる彼女になれちゃうのです。

3.「うそだよ!」

「食事中、彼女が突然真顔になり『私、○○君のこと好きかも・・・』と共通の友人の名前を出してまさかの宣言。茫然とする俺に「うそだよ!そんなわけないでしょ」とかわいくニッコリ。絶対誰にも取られないように頑張ろうと決意を新たにした。」(24歳/自営業/男性)

「一日一回連絡してくれないと、浮気しちゃうからね」など、彼を不安にさせるような意地悪な嘘をついて、かわいく「うそだよ!」と言ってみましょう。彼はホッと安心するとともに、「もっと彼女のこと大事にしよう、しっかりつかまえていよう」と思うはず。「本当に嘘か・・・?」と疑われてケンカにならないよう、間をおかず笑顔でネタばらしをするのがポイントです。

4.キスさせない

「彼の顔が近づいてきたら『やだー』と顔をそむける。もちろん彼は傷ついた顔をしますが、そんな彼の首に腕をまわして、こっちからキスしてあげる。確実に喜ばれます。」(25歳/IT/女性)

小悪魔系女子は、キス一つとっても一筋縄ではいかせません。ちょっと翻弄したほうがより愛されることを知っているからです。でも『やだ、ちゅーしたくない』とちょっと意地悪したあとは、もちろん自分からキスをしてあげます。このバランスこそが大切なのです。

おわりに

ただかわいいだけ、ただ意地悪なだけでは、「何か物足りない女」になってしまいます。「かわいい」と「意地悪」を上手に組み合わせて、彼を虜にしちゃいましょう。

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事