2014.01.05

付き合い始めにありがち?「彼氏が好きすぎて辛い!」の解消法・5つ


彼とは晴れて両思い。そして、ラブラブな毎日を過ごしている。1秒でも長くいたくて、ついつい甘えてしまったり。けれども時間には限界があるので、同棲をしていない限りはお互いの家に帰らなくてはなりません。そんな時、ふとひとりになると恋人への気持ちが大きくなる。大きくなった気持ちが自分では抑えきれなくて、辛い! 今日は、そんな悩みの解消法をご紹介します。

1.その気持ちを大切にして

いきなり現実を叩きつけるようで申し訳ないのですが、はっきり言うと「好きすぎて辛い」というその気持ちは続きません(笑)。というのは、別にあなたや彼が悪いのではなく、人間の心の仕組みとしてそうなっているからです。

あなたが恋人に抱いている大きな気持ちは、幻想を含んでいます。つまり、今あなたの中で彼は最高の存在でいるはずです。彼の悪い部分は、あまり目に入っていないでしょう。あったとしても「あばたもえくぼ」状態ではないでしょうか。

ですから、今後彼と付き合っていると「気持ちが大きすぎた時もあったなぁ……」と懐かしむ時期がくるはずです。その時には、彼のことを冷静に見ることができるでしょう。なので、その時までは今の気持ちをしっかりと味わってください。

2.大きな気持ちはパワー

大きすぎる気持ちがあるからこそ、デートの時に彼と会った時はひとしお嬉しいでしょう。逆に言えば、恋愛のはじめにはそういう気持ちがなければ、ふたりの仲が縮まることはありません。

今だけの感情だとしても、ふたりの恋愛に必要だから生じているのです。大きな気持ちはパワーになりますから、有効活用しましょう。

3.彼と気持ちをシェアしよう

もしかすると、彼も同じ気持ちを持っているかもしれません。彼が「実は俺も、お前と会っていない時間はすごい辛いんだ」なんて言ってくれたら、嬉しいですよね? また、彼も同じ気持ちを持っていることが分かれば、ひとりの時間に苦しむことも少なくなるかもししれません。

くれぐれも「自分だけこんな感じなんだろうな」とハートをクローズにしないでください。彼も同じ気持ちかどうかは、聞いてみなければ分かりません。

4.もし彼がドライだったら

彼に気持ちを聞いてみた時に「自分はそんなことない」と言っていたとしたら。もちろん、それを聞いた時はあなたはショックでしょう。ですが、今度は良い感じに現実的に彼との関係を見ることができるのではないでしょうか。

恋愛において、相手のことを想ってドキドキするのは非常に強い楽しみでもあります。多くの人が、そういうドキドキを味わいたくて、恋愛を求めます。ですが、それは一時期だけのボーナスのようなものだと考えておいてください。その先にある現実的に相手と向き合うプロセスこそが、本当にふたりの仲を深めるステップになります。

5.他の人との仲を深めよう

彼氏が好きすぎるのに、彼は私に対してそう思ってくれていない・・そういうことは往々にしてあるものです。では、どうしたらいいのか?ただ辛さをかみしめているのは、あなたの大切な時間がもったいないです。

解決策は「他の人との仲を深める」ことです。彼以外の人との人間的なつながりを強くし、彼一人に依存しないようにしましょう。彼への思いを友達に話して発散するのも良いでしょう。一人で抱え込まないのが吉です。

おわりに

色々書きましたが、あまりにドキドキしない恋愛というのも退屈なものです。ですから、自分の中から出てくる自然な感情に任せて、今の状況を楽しんでください。「気持ちが大きすぎちゃダメだ!」と無理に抑えようとすると、余計に辛くなってしまうでしょう。もし泣きたい時があれば、がまんせずに泣くぐらいで丁度バランスが取れますよ。

(今井翔/ハウコレ)

関連記事