2014.01.25

「女として終わってる」と思う女子は93%!女子力とはかけ離れたエセ女子の生活をのぞき見!


女子力、女子会など、女子らしさが幅を聞かせている最近ですが、なんとハウコレのアンケートでは、ほぼ全員の女子が「女らしさ」とはかけ離れた生活を、一部送っていることが判明いたしました。
男子もびっくりの女として終わっている「エセ女子」の生活をご紹介!すさんだ生活をしているのは私だけじゃなかった!と勇気がもらえるかも!

1.ムダ毛処理の不行き届き

「無駄毛の処理をしない、もしくは見える範囲しかしなかったとき」(26才/女性/医療・福祉)
「両脇、両足の毛が1cm以上伸びてるのに気付いたとき」(25才/女性/医療・福祉)

冬にありがちなのがムダ毛放置!足も手も服で隠れるのでラッキーばかりに処理を怠ってはいませんか?きっとたくさんいるんです。それば肌が痛むし脱毛は高いし、とにかくめんどくさいですよね。ふと腕をまくって、自分の腕をじっと凝視してみましょう。毛はありませんか?もし、あったなら、速攻で隠してください。そして、今夜剃りましょう。

2.ぱじゃま・スッピンは慣れっこ

「直ぐそこのコンビニへ行く時にパジャマの上からロングコート来て行く(真冬の今の時期は定番になりつつ或る)」(39才/女性/マスコミ)
「おしゃれをしなくても平気になった時」(32才/女性/主婦)
「パジャマ&スッピンで近所のスーパーに行けてしまう…」(20才/女性/専門学校生)

寒い季節になるとロングコートが便利ですよね。何を着ていてもバレないのですから。ちょっとそのへんに行くだけだからと気を抜きまくっている自分に気がつき「終わった」と感じた女子も多数いました。女子の皆さん、とりあえず朝おきたら着替えるのです!いつイケメンに遭遇してもいいように!

3.女としてのプライドが崩壊したとき

「彼が別の人に気が行った時」(44才/女性/主婦)
「自分から身体を売ろうとしている時」(21才/女性/大学生)

男性から女として扱ってもらえない、女らしさを否定された・・・などなど、客観的に見て「自分って女としてダメじゃん」と感じたという悲しいエピソードがたくさんありました。

4.カップラーメン

「食事がカップラーメンばっかりのとき(笑)」(22才/女性/大学生)
「夜中に自分の部屋でカップラーメンをすすっていた時。ラーメンを味わいながら、ああ、終わったな…としみじみ思いました」(19才/女性/大学生)

カップラーメンというのは「女として終わった」と思うときによく現れるアイテムのようです。男性が豪快にすすっているイメージが多いし、カロリーも高そうだし、栄養価は偏っている、でも手軽だし食べちゃう!自分に甘くなることで気軽においしく自虐効果を味わえるアイテムです。

5.清潔さに欠けている

「お風呂に2日はいらない」(25才/女性/その他)
「3日連続でお風呂に入らないで出社。頭はかゆいし、異臭がしてたのは間違いないと思う」(24才/女性/医療・福祉)

周囲からの厳しく辛い視線にさらされながら、「終わったな」と自覚することになるのでしょう。二日酔い、失恋などなど、お風呂に入るエネルギーさえ奪い取られるような経験もあるかもしれませんが、そこはなんとか這ってでも風呂場へ行きシャワーを浴びて嫌なことも洗い流しましょう!

おわりに

女として終わってると思った経験のある人がほぼ全員という結果。いくつか当てはまった人も、自分だけじゃなかったんだと元気づけられたのではないでしょうか。私は仲間がいて安心しましたよ。いつでもばっちりキメるのは疲れてしまいますよね。周りの迷惑にならない程度に気を抜いて、女子力に対抗していきたいと思います!

(松宮詩織/ハウコレ)

【アンケート概要】
実施アンケート:「女として終わってる」と思ったことはある?
方法:ハウコレサイト内アンケート
期間: 2014年01月14日~2014年01月20日
対象:合計293人

関連記事