2014.01.26

デートにいっぱい連れて行きたくなる女性の特徴・4選


付き合い始めのころは、いろんなところに連れて行ってくれたカレ。最近ではカレの方からデートに誘ってくれなくなってちょっぴり淋しい。そんな思いをしている女子はいませんか?
さまざまなカップルを取材しているうちに、男性がデートに連れて行きたくなる女性には特徴があることが分かりました。ではどうぞ、デートにいっぱい連れて行きたくなる女性の特徴4選です。

素直に喜んでくれる女性

「カノジョは僕が連れて行くデートをいつも喜んでくれます。楽しんでくれる姿を見たら、また今度も二人で出かけたいなと思います」(26歳/男性/保険会社)

男性は自分の立てたデートの計画を素直に喜んでくれる女性を好む傾向があります。
デートを計画することの大変さを知っている女性は、楽しみ方も上手なのでしょう。カレから誘われなくなっている人は、デート中につまらない顔をしていませんか?

食べ物の好き嫌いが少ない女性

「元カノは、ゴハンの好き嫌いが異様に多い人でした。食べられないものが多すぎるため、二人で食事をしても全然面白くなかったです。そのうちデートも億劫になり自然消滅しました」(22歳/男性/学生)

食事の好き嫌いもデートの計画に多大な影響をおよぼします。
せっかく予約してくれたレストランで、会話が盛り上がらないと何だかしらけてしまいそうですね。アレルギー体質の人はどうしょうもありませんが、食べ物の好き嫌いは少ない方がよさそうです。

好奇心がおう盛な女性

「文化、芸術、スポーツ。何にでも興味があって多趣味な女の子の方がデート先の選択肢が増えるので休日の計画を立てやすいかな。逆に悩むのが無趣味な女子。必然的にお家デートになっちゃいそう」(26歳/男性/金融)

これは、本人の性格にもよると思いますが、何にでも興味を示す女性はデートに連れて行き甲斐があるといいます。何かを楽しむ場合、一人より二人の方がいいに決まってますからね。無趣味な女子は要注意かもしれません。

一緒にデートプランを立ててくれる女性

「どっかデートに連れて行ってと言う割には自分では何にもしない彼女。一緒に行き先を考えてくれたら嬉しいのですが、結局いつも僕が決めています」(23歳/男性/大学院生)

デートする場所はカレに任せっきりにしている女性はいませんか?一緒になって考えたらもっと楽しいかもしれませんよ。ま、中には調べたりする事が嫌いな女子もいますからね。男性とのマッチングの問題かもしれません。

番外編 デートに連れて行きたくない女

中にはこんなふうに考えている男性も。

「彼女はちょいブスです。連れて歩くのが恥ずかしいからデートしない」(19歳/男性/専門学校生)
「デブな女もダメ。特に夏は暑苦しいから一緒に外に出たくない」(21歳/男性/ギタリスト)

うわ、ひどい。そもそも付き合わなきゃいいのに。

おわりに

デートに連れて行ってもらいたいのになかなか誘ってもらえない皆さん。待っているだけでなく思い切って自分からアクションをおこしてみてはいかがでしょうか。久しぶりのあなたからのお誘いを、カレも喜んでくれるかもしれませんよ。

(沖合はるか/ハウコレ)

関連記事