2014.07.12

男子がきゅんとする!「待ち合わせ美女」のワザ・4つ


「待ち合わせ美女」=待ち合わせで男子をきゅんとさせ、そのあとのデートを終始しあわせムードにしてしまう女子のこと。今回は男子たち待ち合わせで女子にきゅんとしたエピソードを聞きました。話を参考に、待ち合わせ美女たちのワザを学びましょう。

1.ナンパされる

「待ち合わせ場所で彼女がナンパに声をかけられていた。俺が『ほら、いくよ』と腕を引っ張って男からはがして連れて行った。歩いていると彼女が『あー、こわかったよ。ありがとう』と言ってくれてきゅん、としたことがある」(24歳/損保)

少女漫画のような待ち合わせですね。他の男から彼女を守ることで「俺のオンナ」と実感できるもよう。彼が待ち合わせ場所に着くタイミングを狙ってナンパされるのは難しいですが、渋谷や新宿駅なら比較的成功しやすいかも。ナンパが来ても邪険に扱わず、ちょっと話を続けて引き止めるのも手でしょうか。

2.時間より早く着く

「5分前くらいに待ち合わせ場所についたら、もう相手の子が待っていた。着いたよって連絡してくれればいいのにソワソワキョロキョロしながら立ってて『か、かわいい…!』と思いました」(23歳/鉄道)

すこし早めに行った自分より早く、女子が待ち合わせ場所に着いていたら「デートを楽しみにしててくれたんだな」ときゅんとするそう。ただいつも時間に遅れる男子にはまったく効果がありませんから、あくまで「時間よりはやめに来そうな男子」に使えるワザです。

3.謝り方にも女子力

「遅刻した彼女が『遅れたごめんね~!』ってうしろからいきなり抱き付いてきた。今まで時間に遅れたことのない彼女だったけど、こんなことしてくれるならまた遅刻してほしいなと思った」(22歳/webサービス)

思わず遅刻してしまった場合も「待ち合わせ美女」は可愛いですね。人ごみがない場所、さらに夜ならぜひ試したいワザ。「30分遅れてきた彼女に『あとでちゅーするからゆるして』と言われてドキッとしたことがある」(19歳/学生)という意見もありました。

4.第一声に注意する

「ベタかもしれませんが、待ち合わせ場所で『会いたかった~』と言われたのは可愛いかったですね。そのまま彼女の方から手を握ってくれて食事に行きました」(26歳/商社)

「会いたかった」は同時に「寂しかった」という気持ちも伝えることができていいですね。自分から彼の手を握ったり寄り添ったり、いつもより積極的に甘えたい日に使えそう。久しぶりに会えた日には「よっ」なんて色気のない挨拶はやめて可愛くいきましょう。

おわりに

デートの始めを飾る「待ち合わせ」。ただなんとなく落ち合って、歩き始める、なんておざなりにせず、彼と会えるその瞬間を大切にしてみましょう。待ち合わせで彼をきゅんとさせることとができたなら、そのあとのデートもラブラブな雰囲気で楽しめますよ。

(倉持あお/ハウコレ)

関連記事