2014.09.20

わざとらしくても思わず男性が「…カワイイ」と思う言動・5選


かわいらしいアクションは男性の心を掴むための女性の特権です。そのかわいらしさは狙ってでも駆使してこそ男性の心を射止められます。積極的にわざとらしく使っても、思わず男性が「…カワイイな…ちくしょう」と思わずにいられない言動を5つ紹介しましょう。

1.袖を引っぱられる

「袖を引っ張って呼び止められたとき。含み笑いをしていて小悪魔感があふれでていた。それでもドキッとした自分はバカな男だなぁと」(20代/会社員)
「なんであんなにドキッとするの?些細なことなのに」(20代/SE)

女の子らしさの代表格ですね。そして男心をつかむ代表格でもあります。小さく引っぱればわざとであってもかわいく見えるという意見多数。話しかけたいときには声をかけるのではなく、袖を引っ張って合図してみてください。

2.腕にギュッとしがみつく

「俺が彼女を笑わせたとき、笑顔で腕にしがみついてきたときは反射的に頭を撫でた」(10代/学生)
「公園のベンチで隣り合って座ってたとき、何気なく彼女が腕をつかんで顔をうずめてきた。思わずにやけそうになった」(20代/クリエイティブ系)

腕にしがみつく、というのも男性にとって嬉しいアクションです。わざとであっても思わずにやけるという男性は多いようですね。顔に出さなくても必死にガマンしているはずです。もしくは心拍数が上がっているはずなので胸に手を当てて確かめてあげてください。よけい心拍数が上がるはずです。

3.満面の笑みで感謝

「ひまわりのような笑顔で『ありがとう!』と言われたら喜ぶしかない」(20代/会社員)
「ちょっとやりすぎなくらいの微笑みでも、悪い気はしないですよ。男ですから」(20代/美容師)

笑顔はそれだけで男性を魅了するため、笑顔はしつこいぐらい多用してもいいでしょう。嬉しいことや楽しいことがあったら笑顔、そして男性に「ありがとう!」や「うれしい!」を伝えたおせば、男性のノックアウトは間近です。

4.顔を覗き込んでくる

「顔にいきなり近づかれたらテクニックでも思わずドキッとする」(20代/アパレル)
「上目遣いもプラスされててスゲーいい。それで心配そうに見られたら悶絶する」(10代/学生)
顔に急接近すれば、男性は思わずドキリとしてしまいます。わざとやっていたとしても、急に近づかれたらまず感情が反応しちゃうのでしてやったりです。小悪魔な女性を避けている男性であっても、ドキッとしたあとで「……クソ……」と、喜んでしまった自分に悔しさを噛みしめることでしょう。

5.小走りで駆け寄ってくる

「あざといけど嬉しい。小走りってのがポイントかな」(30代/SE)
「はにかみながら走って来てくれたら両手を広げて待ちたくなりますね」(20代/アパレル)

「あなたと会えるのを心待ちにしていた!」という感じを出しながら駆け寄ってあげてください。ドラマのような姿でも、男性は悪い気などしないです。「わざとらしいなぁ…」と思っても、浮つく心はごまかせないのですから。ただし間違っても陸上選手のような軽快なフォームで走らないでくださいね。あくまで小走りで可愛く、可憐にです。

おわりに

感情は素直なものです。男性は頭でわざとらしいと思えても、心は正直に喜んでしまうことでしょう。ぜひ男性の素直で分かりやすい心を射抜くため、かわいい言動を駆使してくださいね。

(大西薫/ハウコレ)

関連記事