2014.09.21

正直すぎるのも・・・男性には伝えない方が良い4つのこと


男性に何かを質問された時、正直に答えてしまって関係が悪化したことはありませんか?

男性から質問をされて、男性の予想外の答えを返してしまった場合には、引かれてしまい、「これ以上付き合えない」と思われてしまっていることもあるかもしれません。そこで男性に「興味があるから聞きたいけれど、答えには配慮して欲しいこと」について伺ってきました。

1.過去の恋愛経験

「ちょっとイイなと思っていた子に、今までどんな恋愛してきたのかを聞いたら、学校の先生とか不倫とか、想像していない答えが返ってきて引いたことがあります。例え男から質問されたとしても、過去の恋愛に対しては、正直過ぎる必要もないし、あんまり具体的には知りたくないんじゃないですか?」(27歳/商社)

「男は、女の初めての男になりたがる」という言葉もあるほど、男性は、好きな相手の過去の恋愛経験は聞きたくないようです。例え、激しい恋愛経験が多々あったとしても、男性に聞かれた時に素直に答えるのではなく、「学生時代に少し…」という程度に抑えて伝えておくのが男性の夢を壊さなくて良さそうです。

2.収入や貯金額

「同じ大学で、同じタイミングで就職した彼女がいたんですけど、結構羽振りが良くて。給料を聞いたら自分の3倍くらいもらっていて、自分の小ささを知りました。だんだん価値観もずれてきて、もう無理だと思い、こっちから別れを告げました。」(25歳/IT)

お金の話はデリケートな部分なので、貯金が多過ぎても「なんでそんなに?」と変な疑いを持たれ、少な過ぎても「そんなに少ないのはなんで?実は浪費家?」と疑われてしまいます。また、収入が男性より女性の方が多い場合には、男性のプライドを傷つけてしまうこともあるので、例え聞かれたとしても、はっきりとは伝えず、はぐらかす程度にした方が良さそうです。

3.家族の不仲説

「付き合おうかなと思っていた子と食事をしていて家族の話になった時に、急にすごい親の悪口を言い出したことがあります。家族が仲が悪かったみたいでストレスが貯まっていたんですかね?でも、俺にとっては家族って大切で特に両親は感謝すべき存在なので、親や家族のことを悪く言う子とは付き合えないなと思いました。」(23歳/大学)

本来、最も大切にしなければならない家族と仲が悪いのは、仮に家族側に理由があるにせよ、印象として「性格や人間性に問題があるのでは?」と思われてしまう可能性が高いようです。結婚したいと思っている相手であればなおさら、結婚の話がしっかりと進むまでは、あまり家族の話はしない方が良さそうです。

4.過去の苦労話

「昔付き合った子に、『私のことをちゃんと知っておいて欲しいの』と言われて、よくTVの壮絶な人生として紹介されているような重い苦労話を聞かされたことがあります。ちょっと俺には抱えきれない重い話でした…話をしてもらって良かったとも思うけれど、結果的に、彼女を支えてあげられず別れたので、知らなければ良かったとも思います。」(24歳/広告)

多少の苦労話はお互いに笑って流せますが、あまりに平和な日常からかけ離れた苦労話だと「俺には手に負えない」と思われてしまったり「ダメだとわかっていても偏見の目で見てしまうようになる」と言ったことから、話さない方が良いと言えそうです。

おわりに

知り合ったばかりの頃には、「この人と付き合うことはないかな」や「ちょっと悪い女に見せたい」と思い、いろいろな話をしてしまうこともあるかもしれません。でも、もしかしたらそんな相手と恋に発展することもあるので、男性に上の4つについて話す時には、気をつけた方が良さそうです。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事