若い時が狙い目!男性は「青田買い」がオススメな理由・5つ


結婚相手を探す婚活がブームとなっていますが、婚活で慌てる最大の要因はもちろん相手がいないこと。でも、この「相手がいない」というのは、モテないからとは限りません。キレイな女性、性格が良い女性でも、相手がいなくて困っていることもあります。
それは、イイ男性がもう残っていないから。魅力的な男性は、早いうちから彼女がいるもの。後々焦らないためには、学生や新社会人になったばかりの男性が狙い目というわけです。

そこで今日は、「彼が若い時から付き合っている」という女性に、そのメリットについて伺って来ました。

1.ステータスがつくと、男性はモテ始める

「うちの会社では、役職がついている男性で彼女がいない人はいないんじゃないかと思うくらい、肩書き次第で男性のモテは変わります。
みんなが知っている会社なので、それだけでも合コンでモテるみたいですよ。ちなみに私は、新入社員を捕まえて、そのまま育てています。」(27歳/広告)

もちろん性格や外見などその人自身の魅力も大切ですが、学歴や会社名、肩書きなどのステータスが上がるほど男性はモテ始めます。
同じ条件の男性で考えてみても、普通の職に就いている方よりも、お医者さんや弁護士さんといった肩書きが付いた方がモテ度は断然上がります。
だからこそ、学生や新入社員など、まだステータスが低い段階で、伸びそうな男性を見つけて早めに手をつけておくのが大切なようです。

2.収入が増えると手が出せなくなる

「私は彼とは学生の頃から付き合っていますが、今は彼は年収1,000万以上稼ぐようになっていて、周りにも自慢の彼です。
今の段階で彼と知り合ったとしても、付き合ってもらえるかわからないです…今でも結構モテるみたいで、よく女の人から誘われているみたいです。でも、一緒にいる時でもこそこそしないで電話に出て、断ってくれてるので信用しています。」(26歳/事務)

社会的地位のステータスに伴い、収入が増えると、さらに男性はモテ始めます。それは、オシャレに気を使いだしたり、金銭的余裕が気持ち的にも男性を大きく見せたりすることにあるようです。
そうなると多くの女性が狙い始めるため、付き合うことが難しくなります。また、男性側も「俺、モテるかも?」と思い始めると簡単には落ちなくなってしまうので、まだ結果が出ていない若い時に見つけておくのが良さそうです。

3.外見で買う

「私は、将来子どもが欲しいので、イケメンな理由で彼を選びました。遺伝子は大切ですから!
でも、外見がイイと、それだけで良い印象を与えることができるらしく、営業マンなんですけど、仕事でも良い成績を残しているようです。やっぱり外見が良いとそれだけで人生得なんだなと感じます。」(25歳/美容)

地位、年収、能力といったものは、変化しやすいですが、外見はある程度の年齢までは保障されるものです。また、将来子どもが欲しいと考えている方にとっては、外見の魅力は大切な要素です。
外見が良いと職種によっては仕事でも良い結果につながったりと、得することも多いのだとか。
外見の良い男性は若い時からモテることが多いですが、そんな彼に地位や年収がプラスされるとさらに付き合いにくくなってしまうので早めに掴んでおきたいところです。

4.長い期間付き合っていると捨てられにくい

「友達が、お金持ちの男性と付き合って、別れる時に相手から『どうせ金目当てだったんだろ!』と言われたことがありました。
私の彼もかなり稼ぐようになりましたが、私は彼が苦労していた時代から付き合っているので、変わらず私のことを大切にしてくれていて、幸せです。」(25歳/旅行)

まだ芽が出ていない時に彼を捕まえておけば、「大変だった時に支えてくれた存在」として男性からも大切にされ、そう簡単には別れを告げにくくなるようです。
逆に、ある程度の地位や収入を手にしてから出会った場合には、「お金目当て?」と思われる他、「他にも女性はいるから別れてもいいか」と思われてしまい、関係を続けるのが難しくなってしまうというリスクも生まれます。

5.性格は変わらない

「私と彼は中学時代から一緒にいるんですが、彼の周りの環境はどれだけ変わっても彼自身の性格はほとんど変わることはありませんでした。雀百まで踊り忘れずといいますが、まさにそうですね。
青田買いをしておくのは、感性の豊かな若いうちに男を選んでおいた方が他の要因に惑わされなくていいと思います。」(22歳/学生)

確かに、性格は生涯ほとんど変わらないですね。幼いときの方が感性豊かだから、そのうちに選んでおく方がいいというのは説得力がありますね。

おわりに

青田買いをしても、彼が全く成長せずに嫌になって女性から別れを告げるパターンや、彼は立派になっても女性が努力をせずに釣り合わなくなり、男性から別れを告げるパターンももちろんあります。男性を見る目を養うと共に、自分磨きも続けておきたいところです。

(栢原 陽子/ハウコレ)