これなら重くない!LINEを既読スルーされても自然に再開するテク・5選


片想い中だと、どうしても気になる男子にLINEの「既読スルー」をされてしまうこともあると思います。

でも、だからって一度既読スルーされたくらいであきらめるわけにもいかないし、かといって「こいつ重いな」と思われるのもイヤですよね。

そこで今回は、既読スルーをされても自然にトークを再開できる方法について、20代男子20人と一緒に考えてみました。

1.面白スタンプで再開

「既読スルーされたあとに、また文章送るとなんだか『なんとか話題を変えようとがんばってます』みたいで切ないから、スタンプを送ればどうかな? しかも、面白いスタンプとかを送ってきたら『それなんてやつ?』とか気になって返しちゃうな」(大学生/22才)

たしかに、既読スルーのあとでも、キモカワなスタンプを送るのだったらあんまりさみしい感じが出ないですよね。
文章のもう一回送ったときの「返事来ないのでまた送っちゃいました」って感じがないからかもしれないですね。

2.業務連絡

「事務的な連絡とかなら(どうしても送らなきゃいけない感)があっていいと思う。ウザい感じもないしね」(営業/26才)

たとえば、週末の飲み会の場所とか、そういうのですかね。
でも、これだけだと「ありがとうね」とか返事が来るだけなので、そこから新しい会話をはじめるにはもう一段階なにかが必要です。私だったら、「飲み会、会場まで一緒に行かない?」みたいに積極的にいっちゃうかな!

3.写真

「写真がいいんじゃない? 『これキレイじゃない?』とか言って紅葉のヤツとか。いい写真だったら全然ウザくないし、むしろ嬉しいしね。ただ、『今これ飲んでるの!』とかいってスタバの写真みたいなのはムカつく。誰得なのはNG」(大学生/23才)

スタンプと同じように、既読スルーの悪い流れを断ち切るには写真もよさそうですね。
それにLINEって普通、文章かスタンプかのどっちからだから、「○○さんが画像を送信しました」って出てくると、結構気になって見ちゃうんですよね。

4.「◯◯好きだったよね?」

「趣味の話を振るのはどう? 『◯◯◯君てさ、音楽詳しかったよね? 今ツタヤ来てるんだけど、オススメの歌手とかいない?』みたいな。自然だし、好きなことだったらこっちも結構ノリノリで返すよ」(SE/26才)

これはいいですね。かなり自然だし、男子は自分の趣味とかの話が大好きなので全然嬉しいはず。その話題だったら、このあとも既読スルーされずに済みそうですしね。

5.電話する

「急用があるっぽい感じで『今一瞬いい? ちょっと聞きたいことがあって』みたいに適当に電話終わったあと、LINEで『さっきは急に電話してごめんねぇ』みたいにやれば、既読スルーを打ち消せるんじゃないかな(笑)?」(商社/25才)

電話だけじゃなくて、たとえば学校とかで会って話した直後とかに、「さっき話したことなんだけどさ……」みたいにしていくのもいいですね。無理やり別の話題を作って、それを振っていくということですね。

おわりに

いかがでしたか?
既読スルーをされたからといって、そのままあきらめてしまうのはもったいないし、かといってそのまま待っていても返事がこないかもしれません。そんなときに、今回紹介したテクを使ってトークを再開してみましょう。
もちろん、そのあとまた既読スルーされないように、精一杯踏ん張ってくださいよ!

(遣水あかり/ハウコレ)
関連キーワード