彼氏とは別腹!「ときめきカレ」の楽しむコツ・4つ


付き合っている相手がいても他の男性にときめいてしまうことってありませんか?そんな時はどうしていますか?

彼以外の男性を本気で好きになるのはダメだけど、「少しときめく程度なら問題なく、むしろ女子力を上げる為には有効」という情報を入手しました。

そこで今日は「彼がいても他の男性にときめくことがある」という女性に、本命カレと「ときめきカレ」との間での恋愛の楽しみ方を伺ってきました。

1.芸能人感覚で楽しむのは有り

「恋のドキドキは女性をキレイにしてくれるものだと思うんです。でも恋人との付き合いが長くなってくると、ドキドキする機会って減るじゃないですか?だから、アイドルを追いかける感覚でドキドキを楽しむくらいは有りだと思います。」(25歳/事務)

恋人がいても芸能人に憧れたり、中にはおっかけをしたりという経験がある人もいるのでは?
相手が身近な人の場合は「可能性がある恋」になってしまうけれど、芸能人や、現実世界でも接点のあまりない憧れの人枠なら別腹のときめきとして安全に楽しむことができます。

ただし、彼にバレると嫌な想いをさせてしまう可能性が高いので、ひっそりときめきを感じましょう。

2.仲良くなっても彼を裏切らないと決めておく

「付き合っている彼がいても、イイなと想う人がいたら相手のことを知りたくなります。
でも本命の彼のことも大好きでその関係を壊したくないので、彼に言えないようなことはしないと決めて友達になります。例えドキドキしたとしても、彼に『友達です』と紹介できるような関係ならセーフです!」(27歳/エステ)

彼と付き合ったまま他の男性と特別な関係になるのは、彼を裏切るだけでなく、新しい方の男性にも「軽い女」として扱われてしまいます。
仲良くなっても彼に「男友達」として紹介できる距離で留めておいて!

とはいえ新しい男性とどうしても距離を縮めたくなってしまったら、自分の良心に従ってきちんと彼と別れてからにするべき。

3.最初のドキドキは今だけと心得る

「付き合っている相手がいても、誰か他の人にときめくことはあります。でもそのドキドキはそんなに長続きするものじゃないと知っているので大丈夫です。
新しい相手付き合ったとしても、いずれときめかなくなる時がくるので、それだったらずっと付き合っている彼を大切にしようと思っています。」(24歳/化粧品)

いくらドキドキして新しい彼が魅力的に見えても、それは新鮮さから来る部分が大きいもの。
特に恋人と付き合ってからの期間が長い場合にはその傾向が強いです。出会って月日の経っている今の彼への気持ちと、新しい彼への気持ちを比較する時は慎重に!

4.ドキッとする相手をたくさん作る

「ドキドキする相手が一人だけだと、その相手に夢中になりがちです。でもドキドキする人がたくさんいれば、一人に対して深く想うことがないので、本命の彼のことをちゃんと特別扱いできますよ。」(24歳/アパレル)

ドキドキする相手が一人だけであれば、その相手に本気になってしまう可能性が高まりますが、アイドル感覚で「あの人もかっこイイけど、あの人も素敵」と多数の人にドキッとすることができれば、本命を別格の男性として見ることができるようです。

おわりに

ときめきカレと上手に付き合うには、「あくまで彼氏が一番」だと念頭に置くことが大切です。二兎を追う者は一兎をも得ず。しっかり割り切って深入りに注意すれば、あなたの毎日はさらに潤うでしょう。


(栢原 陽子/ハウコレ)