2014.12.05

理想のお付き合い!ありのままの自分を好きになってもらう方法・4つ


好きな人ができて付き合えることになっても、彼の好きなタイプが自分とは異なるタイプだった場合に、「変わらなきゃ!」という気持ちからムリをして疲れてしまったり、辛くなってしまったり。
そんな経験はありませんか?やはり好きな人にはありのままの自分を好きでいてほしいものです。

そこで今日は、女性に「ありのままの自分を好きになってもらうためにやっていること」についてインタビューしてきたのでご紹介します。

1.ありのままの相手を好きになる

「彼に、『おまえもっと大人になった方がイイよ』と言われることが多かったんですが、ある日、私も彼に『もっとしっかりしてよ!』とよく言っていることに気づきました。
私が相手に変わって欲しいと求めていたから彼も私にそういう風に言っていたのかなと思い、私が言うのを辞めたら彼もあまり言ってこなくなりました。」(21歳/飲食)

まずは自分から、相手の良い面、嫌な面、両方を受け止めてありのままの彼を好きになるのが大切なよう。

確かに、「もっとしっかりしてよ!」と彼に対して言いながらも「自分が言われるのは嫌」という彼女だと男性も納得いかないですよね。
まずは自分が彼に言ってないか、思い返してみて!

2.自分で自分のことを好きになる

「以前は自分のことが好きじゃなくて、性格も暗いし友達も少ないし…と思っていたんです。彼からも「そういうネガティブな考え方ってあんまり良くないよ」と言われていました。
だから自分に自信を持てるようにダイエットをしたら、少しずつですが自分のことを前よりも好きになって、彼からも『可愛くなったし、明るくなった』と言われることが増えました。」(24歳/美容)

自分で自分のことを大切に想えていないと、他の人から見ても嫌な面が目立ってしまいます。

彼女のように実際に変わるというパターンもあれば、考え方を変えて、これまで好きになれなかった自分を認めてあげる大切にしてあげる、ということでも効果はありそうですね。

3.ありのままの自分を磨く

「以前は彼の前で、ありのままの私を見せていたんです。寝そべってお菓子を食べたり部屋も散らかしたままだったり。彼には『もうちょっと女の子らしくしないと魅力感じないんだけど』と言われていたんですけど、やる気にならなくて。
でも、女友達の家に行った時に、部屋もキレイで暮らし方も女性らしくて『私、このままじゃヤバい!』と思い努力しました。やっぱりありのままの自分を好きでいてもらうためには、自分を磨かなきゃダメですね!」(26歳/保険)

「ありのままの私を好きになって!」と言いながらも、性格も悪く努力もしていないような女性では、好きになりようがありません。

だからこそ、ありのままの自分を磨くことが大切。彼の好みに合わせるのではなく、自分で「こういうところ、直した方がイイかな」と思うところがあるなら、人から言われる前に治すように意識してみては?

4.「ダメなところは直したい」と伝えておく

「私はよく人と自分とを比べてしまうところがありました。彼もそれは直して欲しいと思っていたみたいで『人と比べるのは辞めたら?』と言われていたんです。
言われる度にケンカになることも多くて、でもそんなことでケンカするのもイヤだったので、『辞めるように努力するから協力して!』とお願いしたところ、彼が具体的なアドバイスをくれるようになりました。ケンカも減って、彼が私のサポーターになってくれた感じです。」(22歳/飲食)

自分で「ここは良くない」「ここは直したい」と思っているところを彼と共有しておけば、嫌な面が出た時に彼に教えてもらうことができます。

親密な相手であれば、先に「私、こういうところがあるんだけど、自分でも直したいと思っているから、そういう面が出ていたら教えて!」と伝えておくことで、相手に「頑張っている自分」を見せることもできます。

おわりに

自分の欠点を改善するように言われるだけならまだしも、彼の好みの女性になるように求められると苦しいこともありますよね?

そういう時には、これらの方法で自分の良い面を見せつつも、ダメなところを改善していくようにしてみてはいかがでしょう。

(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事