2014.12.15

面倒くさがり屋の彼との上手なコミュニケーションのコツ・4つ


メールを送るとすぐに返事をくれて話題をさらに広げてくれる男性もいれば、連絡をしても全く返事が来ない男性もいますよね。その違いはそのままあなたへの関心度によるものという見方もできますが、その男性がマメか、面倒くさがり屋かによっても異なるようです。

そこで今日は「面倒くさがり屋の彼との上手なコミュニケーションのコツ」について沖川東横さんによる『男が手放さない女になる方法』からご紹介します。

1.男性が素っ気ないのは当然と思う

「男の脳は狩りや仕事をするためにつくられていて、言葉で愛情を表現するようにはできていません。仕事なら仕方がなくても、普段はあまりしゃべりません。恋愛で相手を射止めるまでは彼女を仕事と同じように口説きますが、目標を達成すると『この仕事は終わった……』と安堵し、寡黙となり音信不通になります。」

女性同士で話をしていると話がどんどんと広がり楽しいですが、男性と話をしていると何を話しても素っ気ない返しをされた経験がある方も多いのでは?

そもそも男性は女性ほどおしゃべりではないため、男性が素っ気ない感じの対応をしていても気にせずしゃべり続けるくらいの強さがある女性の方が、男性は気楽にいられるよう。

2.後回しにされるのは信頼されている証拠と信じる

「信頼関係ができ上がると、彼女は身内となります。男性は身内になると安心して手を抜きます。あまり会おうともしないし、面倒なコミュニケーションを取る必要もないと考えるのです。」

付き合う前や付き合い始めには連絡をくれていた男性でも、付き合ってから落ち着いてくると連絡が途絶えてしまうという話はよく聞きます。これは彼から女性への気持ちが薄れたわけではなく、彼の本来のあるべき姿に戻ったからだそう

後回しにされているのは彼からの絶大な信頼感と考えて大目に見てあげて。

3.自分からの連絡を控える

「女性が放っておかないから彼は安心して連絡をしてこないのです。だから放置しましょう。面倒くさがりやの男性でも長く放置されると、さすがに不安を覚え、彼女に連絡してきます。」

相手が放置してくるのならば、女性からも気を揉んであれこれメールするよりも自分の時間を楽しんだ方が良いのだとか。私の男友達でも「1ヶ月くらい連絡しないこともあるけれど、彼女のことは大好き」と言う男性もいます。

ただし結婚を意識させる話題が出た後に音信不通になった場合や3ヶ月以上連絡がない場合には、彼は面倒になったか責任をとる気がなくて連絡ができない状態なので、先はないと考えた方が良さそうです。

4.男性は時々恋愛を休みたくなるもの

「女性は忙しくてもメールするくらいの時間はあると思っています。けれども女性はその離れ業ができますが、男性は彼女にメールするたった1分の時間もつくれないのです。(中略)なぜなら、男性は恋愛モードになると仕事のモチベーションが下がってきます。彼女に1回メールすると、そのことが気になり仕事が手につかなくなります。」

生まれつき、女性は家事や育児など複数のことを同時にこなす能力が高いと言われていますが、男性は一つのことに集中する力は高いですがマルチタスクには向いていないようです。

自分ができるからといって彼に「メール返すくらいできるでしょ!」と言うのは酷なよう。

おわりに

彼がマメじゃないからと言って「自分への気持ちが薄れた」と嘆くのではなく「彼は面倒くさがり屋だからこういったことが起こる」と覚えておけば、余計な心配をしなくて済みそうですね。

参考文献:沖川東横著『男が手放さない女になる方法』中経出版
(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事