2015.03.13

普通とはちょっと違う?インテリ男子が避けたい女子・4タイプ


頭脳明晰で知性溢れるインテリ男子。お付き合いしてみたいと思っている女子も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、今回はインテリ男子の頭の中をちょっと覗いてきました。彼らにドン引きされないようにしっかりチェックしてくださいね!

1.関西おばさん系女子

「清楚系の彼女とクッキーの詰め放題に行ったら、いつもと違うがめつい表情で周りの人を押しのけクッキーを詰めまくっていた。
袋からはみ出してもお構いなしに詰める様はまるで、バーゲンでハッスルする関西のおばさん!ドン引きした・・。」(名大大学院卒/27歳)

「年始のバーゲンで人とぶつかり合いながらも、逞しく買い物を続けていた彼女。
そこまでして、欲しいものがあるという貪欲さにビビッてしまった。」(慶応大学3年/21歳)

詰め放題やバーゲンなどのお得イベントでの大健闘。
家計を預かる主婦としては歓迎されるべき行為なのかもしれませんが、華の学生女子には似合いませんよ。ガツガツいきたい時には男子抜きで行くのが良いでしょう。

2.セクシーダンサー系女子

「彼女に頼まれて見に行ったタヒチアンダンスの発表会。
彼女が、ブラと葉っぱ一枚の格好で腰を振り奇声をあげながら踊ってて本当、悪夢だった。おまえは葉っぱ隊かよ!」(早大卒/28歳)

「医学部に通う知的な彼女のヒップホップイベントを見に行った。いつもとは違う派手な化粧と怪しげな動きに下品さを感じてしまってイライラした。」(東工大卒/26歳)

女子の露出にクラッとくるのが男子というものですが、そう一筋縄でいかないのが、インテリ男子の難しいところ。どちらかというと堅物気質の彼らにとって、過度な露出とセクシーすぎるダンスは下品で不快なモノに映ってしまうんだとか・・。

沢山練習した自慢のダンスを見せたいという人も、セクシー度の強いものは止めておいた方が無難なのかもしれません。

3.常識逸脱系女子

「天然っぽくて可愛いところが好きだったサークルの女子に、『流石リサだな!』とメールをしたら、返信で『私の苗字は流石じゃなくて鈴木だよ!』と返ってきた・・。
こんな基本漢字も読めないなんて・・。」(慶大大学院2年/24歳)

「就活の練習に付き合っていた時、『学生時代頑張ったことはあなたとの恋愛!』と真顔で答えた彼女。非常識すぎる彼女の思考回路が理解できなかった・・。」(東大卒/26歳)

一般男子には“可愛い!”とモテモテのおバカ系女子ですが、常識と教養を兼ね備えているインテリ男子からの受けはあまり良くないよう。

こんなことも分からないのかと呆れられることのないよう、インテリ男子と付き合いたい女子は、基本的な常識や教養を身に付けておいた方が良いでしょう。

4.パティ―ピーポー系女子

「クラブでオール、リムジンでパーティ、好きな街は六本木だった元カノ。
俺もノリはいい方だし、それ位なら良かったけど、ハロウィンでもない日にセーラームーンのコスプレで現れた時には心底ドン引きしてしまった・・。」(東大卒/30歳)

「楽しいことが好きな人は大歓迎だけど、バカみたいにノリノリのパーディーピーポーはNGでしょ。能天気さに見てるだけでムカついてくる。」(一橋大卒/27歳)

パーティーピーポー・・。言葉だけでもインテリとは相容れませんね。
若いのですから、ちょっとした羽目を外す遊びの経験も個人的にはいいと思いますが、
遊び過ぎると垢が付き、可憐さや清楚さが消えてしまいます。

自分の良いところを消してしまうことがないように気を付けましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
楽しそうではありますが、インテリ男子の目には滑稽に映ってしまうこれらの行動。
狙っている女子は、間違っても彼らの前ではしないように心掛けましょうね。

(城山ちょこ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事