2015.04.15

もう、そのかわいさ犯罪!彼氏が抱きしめたくなる「彼女のいたずら」4選


こんにちは、ぽこひろです。
みなさんは、カレにいたずらを仕掛けることはありますか? ちょっとしたサプライズ的な彼女からのドッキリは、なんだかんだ男子としては嬉しいと思います。

「そんなことを言われたらカレの家の前に巨大な落とし穴を掘ればいいのかな?」と思ってしまう人がたくさんいると思います。

そう思って今回は、男子がちょうどいいと感じるいたずらについて、20代男子30人に聞いてみましたよ。その名も
「彼氏がついつい許してハグしちゃう『彼女のいたずら』5つ」
どうぞ!

1.来ちゃった家に

「『さみしくて、忙しいってわかってるのに家来ちゃったー』的なのは、『もうー』って思いながら結局愛しいよね。
そういうのを許してあげられない彼氏は心狭いわ」(営業/26歳)

女子のワガママ的ないたずらにもいろいろと種類があると思いますが、この会えないと言われていた日に我慢できずに会いに行ってしまったというのはある種定番かも。

最終的には「ムリなんだよーごめん」となって帰らされてしまっても、その気持ちは必ずやカレに届くはず。
「次会ったときには埋め合わせしなきゃな」と思ってもらえるでしょう。

2.不意打ち写メ

「俺が読書したりして集中してるときに、彼女がたまに不意打ちで写メ撮ってくるんだよね。
あれはちょっとよく意味分かんないけど、かまってほしいんだなーってのがわかって嬉しいよ」(フリーター/24歳)

これはかわいらしいいたずらですね。
こういうふうな方法でかまってちゃんアピールをして気を引こうとするのは、かなり恋愛のコツを知っている女子の仕業な感じがしますね。

迷惑をかけずに、かつちょっとユーモラスな気の引き方、ナイスです!

3.差し入れ逃げ

「大学の期末で、学校の図書館にこもってレポート作ってるときに、彼女がサッと出現してお菓子だけ置いて逃げていった。萌えた」(大学生/21歳)

これも1と同様、「今日は会えない」と言われていても我慢できずに会いに行ってしまうパターンですね。

しかしこちらはより献身性が高くて評価は高いと思います。逃げていくあたりも男心がよくわかっており、グッドですね。

4.寝起きを……

「お泊りした翌朝に、なんかおかしいと思って目を覚ましたら彼女が股間のあたりでモゾモゾしてた。
『どした!?』って聞いたら『だってまた2週間くらい会えないんだもんー』だって。彼女のたまにそういう変態なところは嫌いじゃない」(商社/26歳)

男子はビッチが嫌いですが、例外があります。それは、彼女が自分の前だけでは痴女化してしまうことです。たまには化けてみてください。きっと喜びますよ。

おわりに

いかがでしたか?
いつも同じあなたじゃカレが飽きてしまわないともわかりませんので、たまにはちょっとサプライジングないたずらを仕掛けて、カレのハートをしっかりとつなぎとめてくださいね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事