2015.04.16

魅せる母性!男子がホッと包まれる「女の優しさ」・5つ


男性は女性の母性的な優しさに惹かれるそうです。いくつになっても、母親のようにすべてを包み込んでくれる存在を求めているのかもしれませんね。

今回は男性が思わず甘えたくなる女子の優しさをご紹介します。意中の彼が「この子といると安心するな」とホッとなる女性を目指すべし。

1.結果を「よく頑張ったね」と褒めてくれる

「頑張ったことを褒められると、やっぱり男としては嬉しい。
大きな仕事の案件が終わった時に『よく頑張ったね』と、普段から愛飲しているコーヒーを渡してくれた女性上司に惚れました」(24歳/企画)

優しさ表現として、「褒める」は最もわかりやすい方法のようです。

どんなに小さなことでも大喜びして褒めてくれた自分の母親を思い出しつつ、頑張った彼をねぎらいましょう。

2.寝癖を直してくれる

「何かを直してくれるってすごくイイ。寝癖ついてるよと言いながら、さりげなく髪をとかれたり。俺のこと見てくれてるんだなって嬉しいし」(21歳/学生)

何かをしてあげる、のも母性を求める男性には魅力的です。
ほどけた靴ひもを直してあげる・曲がった襟を正してあげる・服に付いた糸くずを取ってあげる…。彼に何か異変がないか、常に目を光らせて。

3.疲れたとき、ただ話を聞いてくれる

「どうしても吐き出したいことがあったとき、優しく話を聞いてくれる子には惹かれますね。
うんうんって、優しい目と声で。特にアドバイスはいらないんです」(26歳/建築)

嗚呼お母さん。お母さんって小さい頃、私たちのどうでもいい話を一生懸命聞いてくれましたよね。

ここで「そりゃアンタだめよ」とか「バッカね~」なんて言うのはおせっかいなおばさん。
彼が話を聞いてほしそうな日は、否定せず、穏やかに優しく耳を傾けてあげましょう。

4.落ち込んだら、頭を抱きかかえてポンポン

「僕の彼女は、僕が落ち込むと頭を抱きかかえてポンポンと励ましてくれる。それがとても落ち着きます」(21歳/学生)

女性の胸に抱かれると落ち着くという男性は多いよう。
普段、どちらかというと女子の方が男子に甘えがちですが、彼が落ち込んでいるときくらいはポンポンしてあげて。

5.「私は〇〇くんの味方だからね」

「このストレス社会、女子の包容力ってすごく重要だと思います。この言葉をかけられたら、男は絶対その子に心を開く」(24歳/流通)

「母性を感じる言葉は?」という質問に対して最も多かった返答がこちら。男性が悩みを打ち明けてくれた時、上手くアドバイスできなくて良いのです。

ただ優しく話を聞いて、褒めて、私は〇〇くんの味方だからねと言ってあげてください。

おわりに

いかがでしょうか。注意したいのは「常に優しくしなきゃ!」と、自分を抑え母性的に徹する必要はないということです。

要所要所の優しさ、アメとムチを上手に使って、ほどよい包容力のある女性を目指しましょう。

(倉持あお/ハウコレ)
(下薗 なおこ/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事