2015.06.11

こんなはずでは・・・!女子が失敗した「恋の駆け引き」・4選

感情の攻防を楽しむ恋の駆け引き。戦略を立てて気になる異性を落とすと、なんとも言えない達成感を味わえます。
「押してダメなら引いてみろ」という言葉通り、そういった駆け引きが相手の心を大きく揺り動かし、成功につながることもあります。
 
しかし、すべての駆け引きが効をなすわけではありません。
「あの時ああしておけば…」と失敗をして苦汁をなめないためにも、失敗した恋の駆け引きを女性にインタビューし、結果をまとめてみました。

1.デートを断りすぎてしまった

「安くない女を演出するために、3回に1回はデートを断るようにしていたんですよ。
すると、段々とデートに誘われなくなってきて、そのまま連絡が途絶えてしまいました」(20前半/ツアーコンダクター)
 
デートを断ることで、希少価値を高めようともくろみ、失敗したパターンです。

特に、彼の気持ちがまだそこまで盛り上がっていない、「相手を知るためのデート」ぐらいの状態だと、こういった残念な結果も大いにありえますね。
デートの誘いを断るのなら、その後のフォローは万全におこなう必要がありそうです。

2.ボディタッチで軽い女に見られた

「相手に女として意識して欲しくて、合コンで隣に座ったときにボディタッチをしました。すると、思いっきり手を払い除けられてしまったんです。
照れてるのかと思いきや、後日『遊んでいる人だと思った』と言われて・・・・ショックでした」(20代前半/編集者)
 
ボディタッチで軽い女性だと誤解されてしまったパターンです。
ボディタッチは異性として意識してもらうのに有効な手段ではありますが、時と場所を間違えると、マイナスな印象を与えることも。

ある程度関係が深まったときの切り札としてとっておくことをオススメします。

3.他の男の影をちらつかせ過ぎてしまった

「男友達の話をしすぎて、友達以上恋人未満の男性にフラれたことがあります。そのときは、他の男の影をちらつかせれば、焦って告白をしてくるんじゃないかと思ったんですよ。
実際には、『そんなに男友達がいいなら、そいつと付き合ってろよ』という台詞を残して着信拒否。悲しすぎます」(20代後半/企画広報)
 
恋のライバルの存在を知らせて、男性を焦らせるという駆け引きがあります。
しかし、弱気な人は「自分には無理だ」と諦めさせてしまいかねません。

一方で、強気な男性のなかには「多くの男性に色目を使っている女性」と思われてしまうことも。男性の前では、他の異性の話をしない方が無難といえます。

4.自分から連絡をしなかった

「がっついていると思われたくなかったので、自分から連絡をしなかったんです。そしたら、相手に脈ナシだと勘違いされてしまいました。
気づいたときには、すでに相手には恋人ができていたんです。こんなことなら、素直に連絡をすれば良かったと後悔しています」(30代前半/ウエディングプランナー)
 
一日に何通もメッセージを送る行為は嫌われるものですが、その逆でも恋愛は進展しません。まったく連絡しないのではなく、時々は「声が聞きたくなった」と、電話をするといいでしょう。

直球勝負も悪くない?

駆け引きには、絶妙なタイミングが要求されます。世の中にいるのは、そのようなタイミングを正確に掴める百戦錬磨の恋愛強者だけではありません。

駆け引きに自信がないのなら下手に自分を偽らず、直球勝負がおすすめです。素直で実直な姿勢に、男性をキュンとさせられるでしょう。
 
 (三角サチコ/ハウコレ)
(新部 宏美/モデル)
(柳内 良仁/カメラマン)

関連記事