2015.07.08

え、そうなの!?男子が彼女と「昼デート」をしたくない理由・4選

こんにちは、ぽこひろです。
休日の昼間に新宿や渋谷に行くと、数え切れないほどのカップルを目にします。みなさんも、その中のひとりかもしれませんね。

しかし、そのペアの片方である彼氏、みなさんのカレが、「正直、昼のデートやなんだよなー」と思っているとしたらどうでしょう?
じつはこの可能性、結構高いのかもしれません。

今回、20代男子100人にアンケートを行ったところ、「デートは昼派? 夜派?」に対しては「夜派」が圧倒的多数。
こう答えた男子、約70人のなかから30人をセレクトして、「昼デートをしたくない理由」について聞いてみました。

1.人が多い

「昼に街に行くと、とにかく人が多くてそれだけうんざりする。キツイ。
なにが悲しくて、せっかくの休日にあんな人混みのなか、しかも手まで繋いで歩かなくちゃいけないのかと思う」(営業/23歳)

とくにこの男子のように「手を繋いでの人混みは、歩きにくすぎ」と述べた人はとても多かったです。
手を繋がなければ幾分かはマシでしょうが、それでも人混みのウザさは残ってしまいそう。夜なら多少は減りますしね。

2.早い

「休日は寝てたいから。昼集合だとまあまあ早く起きて準備しないとだし、遅刻したら怒られるし」(大学生/22歳)

「昼デート」とは言え、たいていは夜まで拘束されます。そうすると、休日に自分だけの時間が作れないので、これを嫌う男子も多かったです。

たしかに、夕方までは自分の好きなことをして、夜から彼女、というのはバランスがいいですよね。

3.お金を使う

「昼デートだと、まずお昼食べて、おやつ食べてショッピングもして、夕ごはん食べて〜って、一日で1万以上使うことがザラだからね……」(経理/25歳)

いくら大好きな彼女とのデートでも、なるべくリーズナブルに済ませたいと考える男子は多い模様。わかる……わかるぞ、その気持ち……!

4.彼女に飽きる

「一日にそんなに長く彼女と一緒にいたら、彼女がかわいいとは言え見飽きるし、しゃべり飽きる。
やや短くて、次のデートが楽しみになるくらいがちょうどいいんじゃないのかな?」(ディーラー/27歳)

デートも腹八分目くらいがちょうどいいのでしょうね。たしかに昼から会うと、7、8時間一緒にいる可能性だってありますね。

その点、夜から集合ならたいていは3、4時間くらいで終わりますから「名残惜しいけど、バイバイ。またすぐ会おうね」という気持ちでお別れできそうです。

おわりに

いかがでしたか?あとは今回はベスト4から漏れましたが、「昼だと俺の嫌いな、オシャレ系のカフェに連れて行かれるから」や「夏だし、昼間に外出はマジで暑すぎる」といった意見もありました。

「せっかくお互い暇なら、昼から遊ぼー」といいたくなる気持ちもわかりますが、夜からではいかが?夜のほうが、暗いせいで瞳が大きくなってかわいく、目がうるうるとして見えるという効果もあるそうですしね。

(ぽこひろ/ライター)
(大倉士門/モデル)
関連キーワード

関連記事