2015.08.18

「失恋は時間が解決してくれる」それってなぜ?4つのポイント

「失恋」
本当に辛いですよね。出来ることなら誰もが通りたくない道だと思います。

辛い失恋を経験して、家族や友人に泣きながら報告をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな時「時間が解決してくれるから」「少し時間がかかるかもしれないけれど大丈夫だよ」などと言われたことはありませんか?

ではどうして失恋には時間が必要なのでしょう。今回4つのポイントにまとめてみました。

1.自分が冷静になれる

「最初は泣いてばかりだったけれど、時間が経つにつれて相手の嫌なところも自分のダメだったところも分かるようになった。」(24歳/公務員)

「やっぱりあの恋愛は上手くいかないよなと後になって理解出来るようになった。」(26歳/美容師)

時間が経過することによって客観的に振り返ることが出来ます。
その時は「別れたくない!」と思っても、のちのち「別れて正解だったな」と考える人も多いようです。

2.新しいことに取り組んでいるうちに忘れる

「彼に振られてから合コンや街コンに行くようになった。今まで彼に束縛されていて行けなかったからすごく楽しいです。」(25歳/OL)

今まで彼氏優先だった人も新しいことに目を向ける良いチャンスです。新しい世界を知るにつれ、自然と彼を忘れることが出来るでしょう。

3.相手の顔を見なくなる

「毎日のように会っていた彼と別れてから一切会わなくなった。最初は辛かったけれど時間が経つにつれていつの間にか当たり前になっていたんですよね。
それにふと気が付いた時はちょっと寂しくも思えたけど、少しは自分も成長したのかなって。」(22歳/学生)

お互い同じ学校の場合は校舎で会ってしまう可能性もありますが、デートの約束を取らない限り一対一で会う機会はほとんど無くなります。

別れた直後は彼に会いたくて辛いと思いますが、顔も合わせず、連絡も取らない日々が続くと必然的に「好きだ」という気持ちも胸の奥にしまわれていきます。

「一緒にいる」ことが当たり前なのではなく「彼がいない」ことが日常になるためには徐々に時間をかけていく必要があるでしょう。

4.思い出は美化される

「本当に最悪な別れ方だったし、泣かされてばかりだったけど5年経った今は何故か良いことばかり思い出します。別にヨリを戻したいとかそういうわけではないですけど。」(25歳/OL)

「別れた直後は本気で彼のこと恨んでいたけれど、それも今じゃ良い思い出です。」(23歳/派遣社員)

失恋したばかりの時は辛くて否定的な感情が多くても、いつか必ず「こういう良いところもあった」「あの時行った○○は楽しかった」などと肯定的に思い出すことが出来ます。

そのためには遅かれ早かれ時間が必要です。もしかしたら時間が経ってしまえばどんなに苦しかったことも笑い話になっているかもしれませんよ。

おわりに

いかがでしたか。どんなに辛い失恋であろうと時間が経つにつれて必ず自分の中で何かが変わっていきます。今まさに失恋をして苦しい人は何も考えずにとりあえず時間の波に乗ってしまいましょう。

いつかきっと相手だけでなく、自分のことも許せる日が来るはずです。

(和/ライター)

関連記事