2015.08.25

周りが彼氏持ちばかり!焦る気持ちを抑える方法4選

周りにどんどん彼氏が出来て、気付いたら自分だけ一人ぼっち…。そんな経験はありませんか?

これから更に歳を重ねると、いつの間にか結婚ラッシュを迎えます。友達がどんどん結婚していく中、私だけ…というのはなかなか辛いかもしれません。
そのため、今のうちに彼氏が欲しい!とつい焦ってしまいがちですよね。

でも焦ったところでダメ男を捕まえても、自分が大変な思いをしてしまいます。

そこで今回は「このまま一生独り身だったらどうしよう!」「何で私ばかり彼氏が出来ないの!」と焦る気持ちを抑える方法4つをまとめてみました。

1.必ず良い人が現れると信じる

「人との出会いは縁だからこればかりはもうしょうがない。いつか自分にも素敵な人が現れると思って出会いの場に足を運ぶようにしています。」(27歳/銀行員)

「どうせ私なんか…」と思ってしまっていると、運命の出会いを逃してしまうかもしれません。

“信じる者は救われる”とはよく言いますが、「絶対に素敵な人が現れる」と根拠の無い自信を持つことも大切です。

2.自分を磨く

「彼氏に振られてから自分に力をつけようと思って資格の勉強を始めました。」(23歳/派遣社員)

「彼氏がいないうちに全身脱毛をやってしまいました。楽です。」(24歳/フリーター)

彼氏がいると中々出来ないことを今のうちにやってしまいましょう。
自分を磨くことで新たな世界が開け、あなたに釣り合った人と出会えるかもしれません。

3.彼氏がいる人のテクニックを盗む

「何だかんだ言って彼氏が出来る人にはそれなりの理由があると思うから、友達から彼氏への甘え方などを聞いて合コンで実践しています(笑)」(20歳/学生)

「今まで女子高育ちで男子への接し方が分からなかったけれど、友達の彼氏の前でのぶりっ子度合いを見てビックリした。
彼氏はまんざらでもなさそうだったし、男の人はこうすれば喜ぶのだと良い勉強になりました。」(19歳/学生)

必ずしも女性から見て良い子、可愛い子がモテるとは限りません。あなたのまわりの彼氏がいる子は、男性と女性の前で自分の顔を上手に使い分けていたりしませんか?

彼氏持ちの友達を参考にして、モテる極意を学んでしまいましょう!

4.達観する

「最初のうちは自分だけ彼氏がいないことに焦っていたけれど、友人の彼氏への愚痴を永遠と聞かされていたら男なんてもうどうでも良くなった。」(21歳/学生)

「彼氏がいるからって良いことばかりではない。色んな経験を経て当分彼氏は要らないと思うようになった。」(24歳/公務員)

彼氏がいないとつい隣の芝生は青く見えてしまい、彼氏持ちの友人を羨ましく思ってしまいがちです。

でも付き合っていく上で男女のいざこざは付き物です。
「彼氏が欲しい」という気持ちを越えて、一度達観してしまいましょう。同世代よりも一つ大人になれ、焦る気持ちも抑えることが出来るでしょう。

その方が、案外素敵な男性が寄ってくるかもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか。
いつでも彼氏が途切れず、男性を手のひらで転がせてしまう女性はごく僅かです。

恋愛で沢山悩んだ人の方が、次の恋を大切に出来る様になり相手を思いやる力が身に付くのかもしれませんね。

焦らず次の恋愛に向けて準備をして行きましょう!

(和/ライター)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事