2015.10.21

付き合うか付き合わないかよくわからない、男子の「ずるいセリフ」・4つ

暑さもすっかり和らいで、街はハロウィン仕様に。季節が変わって何か新しいことを始めるのにはピッタリの季節だね。
そういうわけで、新しい恋の始まりを予感している女子もいるんじゃないかな。

気になる彼ができて、好きな気持ちも相手には伝わっているはず。両思いになれたら最高にハッピーなんだけど、なかなかそうはうまくいかないものだよね。
しかも彼がちょっとずるいことを言ってきたりして……?

そんな、付き合うか付き合わないかの微妙な関係のときに気をつけたいポイントをチェックしてみよう。

1.「付き合えない」

好きな男子から「キミとは付き合えない」とかってハッキリ言われちゃうとつらいよね。
相手がそういうつもりならどうしようもない……ということで泣く泣く彼への思いを忘れようとしていたら、どういうわけか彼が食事に誘ってくれる。

その後も度々一緒に出かけることがあったりして。もちろんうれしい反面、ちょっとずるい気もしてきちゃう。
だったらちゃんと彼女として付き合ってよ!って思うと、だんだんイヤな気持ちが大きくなってくるよね。

イヤなら彼からの誘いをこっちから断ればいいってだけなんだけど、そうはいっても彼のことは嫌いじゃないから、ついいそいそと誘いに乗ってしまうんだよね。

2.「これから先はわからない」

率直に「付き合えない」と言うだけの彼なら、見方によってはむしろ誠実とも言えるんだけど、そこれに加えて「これから先はわからない」とか言い出したりする彼だったらそれはかなりずるい。

いまは付き合えないけど、将来的には付き合えるかもしれない……こんな期待を女子に持たせておいて、彼は自分の都合のいいように相手を扱っているってことだからね。
女子も女子で自分の都合のいいときだけ気軽に遊べる彼がほしいならこの二人の相性はぴったり。

だけど、正式な恋人同士として一途に付き合える相手を望む女子の場合は、こういうずるい男子は早めに見切っておいたほうがいいかもしれないよ。

3.「一人の食事は寂しい」

本当に独り身の男子が言ったら単なる悲痛な心境の吐露だけど、これを彼女持ち男子が言っているとしたらどうだろう。

付き合ってる彼女はいるんだけど、たとえば彼女が忙しいとか遠距離恋愛だとかでいま一緒にはいないっていう状況をこれ幸いと口実にして、あなたに向かってまるで自分がフリーであるかのように振る舞う男子。

彼女がいても「いない」って嘘をつくのが潔いずるさだとしたら、いないとは言ってないけどいないと誤解させようとするのは卑怯なずるさだね。
嘘をつく罪悪感を回避しながら且つ己の欲望を満たすという狡猾な策。こんな相手だとわかったとしたら、それでもまだ好きでいられる?

4.「デート楽しかった」

異性として好きなわけじゃないけど、人としては好きだし親しみも感じている男子がいたとするよね。お互い特に予定もないし、暇だからってことでしばしば一緒に遊んだりしている関係。

そんな彼が海外留学や海外赴任で日本を離れることになったとき。去り際に彼が言った「いままでデート楽しかったよ、ありがとう」の一言。これってどういう意味なんだろう……?

なんて考えこんだりしちゃうかもしれないけど、彼はそういう意味でデートという言葉を使ったわけじゃないんだ。
ちょっと茶目っ気を出して冗談っぽく言ってみただけなの。だから「本当は好きだったのかな」なんて重く受け止めないで大丈夫なんだね。

羽林由鶴さんからのメッセージ

本当にずるい男子もいるけど、ずるそうに見えて実はずるくない男子もいるんだね。
一緒にごはんを食べたり遊んだりするイコール恋人だと思っている女子からすれば、こんなに仲良くしてるのに彼女として扱わないなんてずるいっていう感覚になっちゃう。

だけど彼にしてみれば仲良くするのは恋人だけとは限らない。どちらが悪いってわけじゃなく、お互いの考え方が違うっていうだけなんだ。
考えの違う彼と折り合いをつけて接していってもいいし、無理して合わせず別の男子を探しにいってもどちらでもいいんだよ。(羽林由鶴/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)

関連記事