女らしくなくても問題なし!?「男勝り女子」がモテる方法・4つ


男勝りな性格を気にして、思うように恋ができない女性はいませんか?

子どもの頃から男兄弟のなかで育ったあまり、すっかり性格が男らしくなってしまった。
あるいは仕事をバリバリとこなしていくうちに、すっかり男勝りな女性になってしまった女性も少なからずいるでしょう。

かといって今から女性らしさを意識したところで、慣れないことをしてストレスを感じてしまうかも。そこで今回は男勝りでもモテる工夫をまとめてみましたのでご紹介します。

1.ありのままでも十分モテると考える

「今って草食系男子が多いっていうし、男勝りな女性を好む男性もいるんじゃないかな」(24歳/男性/販売)

世の中のすべての男性がおしとやかで自分の後を付いて行ってくれる女性を好むわけではありません。
男性の中には引っ張るのが苦手だからと、グイグイとリードしてくれる女性を好む男性も少なくないものです。

恋愛は相手があって始めて成り立つもの。あなたが気にしているコンプレックスを良いと言ってくれる男性もいることを、ちょっと頭の片隅に置いておいて。

それが本来の自分の性格、あるいは仕事で培ったものなら、評価してくれる男性もきっと現れるはずですよ。

2.笑顔や愛想を大切にする

「どんなに男勝りな性格の女性でも、ふと笑った時の可愛らしさに女性らしさを感じる男性は多いと思います」(20歳/男性/大学生)

いつもブスッとしている女性では、例え美人でも周りは声をかけるのを躊躇ってしまいそう。

それよりも笑顔があって明るい雰囲気の女性の方が、周りも親しげに話しかけて異性として距離が縮まるきっかけも多いでしょう。

男勝りな女性はその性格から男友達と接点が多い女性が少なくないのでは?
自身の性格を気にしてムスッとしているよりも、明るく元気よく周りに溶け込んでいった方が、男性も馴染みやすくそこから恋が生まれる可能性も大いに出てきそうです。

3.頼もしい一面を見せる

「姉御肌みたいに相談に乗ってくれる女性なら頼もしいし、俺も彼女に釣り合う男になりたいって思うかも」(20歳/男性/大学生)

男性に頼らずとも何でも一人で出来てしまう男勝りな女性も多いでしょう。おかげでつい周りの友達からも頼りにされて、姉御のように慕われる女性は少なくないのでは?

男性のなかにはそうした女性に刺激を受けて、あなたを上回れるような男性になりたいと考える人もいるようです。
姉御という頼もしさを武器に、男友達の相談に乗ってあげたり面倒を見てあげたりしながら、趣味や仕事に励んでみて。

それをきちんと見てくれて異性として惹かれる男性も出てくるかもしれません。

4.気遣いを忘れない

「うちのお姉ちゃんも男勝りな性格だけど、気遣い上手だから大人の女性に映って、格好いいなって私は憧れています」(21歳/女性/メーカー)

周りの空気を呼んで助け舟を出したり、相手の顔色を窺って気遣いを見せてあげたりできる女性は、気遣い上手な印象を持たれて異性の評価も高そう。

無理に男勝りな性格を直そうとは思わず、気遣いができる大人の女性を目指してみては?女性としての魅力も増しそうです。

おわりに

男勝りと聞くとモテないイメージが付きまといますが、自分の良さを大切にしながら、かつ女性としての魅力を高める工夫をするだけで、モテ女に変身できそう。

ちょっと悩んでいる女性がいたなら、ぜひ意識してみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)